Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アリスタルコス(Aristarchus)は月の北西部に横たわる有名なクレーターである。月の表面の大きな構造のなかでもっとも明るいと考えられ、月のほとんどの2倍近いアルベドがある。これにより肉眼でも見ることができ、大きな望遠鏡であればまばゆいばかりである。これはほとんどの月表面が地球照によって照らされた時に、容易に確認された。このクレーターは、Rilleのようなかなりの火山的特徴を含むアリスタルコス大地の南東に位置している。この地域では、ルナ・プロスペクターによって計測された最近のラドンガスの放出と同じくらい見事なたくさんのTLPが報告されている。アリスタルコスは初め、イタリアの地図制作者ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリによって、ギリシャの天文学者アリスタルコスの名前を取って命名された。彼の業績であるAlmagestum novum (新アルマゲスト)が1651年に出版され、望遠鏡で見える特徴(のちにcratersと呼ばれる)の エポニムは天文学者と哲学者から取られ、この名前は広範囲にわたって採用されていたものの、公式には1935年の国際天文学連合の投票まで標準ではなかった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2227016 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5697 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53276332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • アポロ15号によるアリスタルコスとヘロドトス。 NASA photo.
prop-ja:colong
  • 48 (xsd:integer)
prop-ja:depth
  • 3.7
prop-ja:diameter
  • 40.0
prop-ja:eOrW
  • W
prop-ja:eponym
prop-ja:ja
  • アリスタルコス
prop-ja:latitude
  • 23.700000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • 47.400000 (xsd:double)
prop-ja:nOrS
  • N
prop-ja:name
  • Aristarchus
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アリスタルコス(Aristarchus)は月の北西部に横たわる有名なクレーターである。月の表面の大きな構造のなかでもっとも明るいと考えられ、月のほとんどの2倍近いアルベドがある。これにより肉眼でも見ることができ、大きな望遠鏡であればまばゆいばかりである。これはほとんどの月表面が地球照によって照らされた時に、容易に確認された。このクレーターは、Rilleのようなかなりの火山的特徴を含むアリスタルコス大地の南東に位置している。この地域では、ルナ・プロスペクターによって計測された最近のラドンガスの放出と同じくらい見事なたくさんのTLPが報告されている。アリスタルコスは初め、イタリアの地図制作者ジョヴァンニ・バッティスタ・リッチョーリによって、ギリシャの天文学者アリスタルコスの名前を取って命名された。彼の業績であるAlmagestum novum (新アルマゲスト)が1651年に出版され、望遠鏡で見える特徴(のちにcratersと呼ばれる)の エポニムは天文学者と哲学者から取られ、この名前は広範囲にわたって採用されていたものの、公式には1935年の国際天文学連合の投票まで標準ではなかった。
rdfs:label
  • アリスタルコス (クレーター)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of