Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラン・ロースソーン(Alan Rawsthorne、1905年5月2日 - 1971年7月24日)は、イギリスの作曲家。ランカシャー州ハズリンデン出身。マンチェスター音楽大学で学んだ後、ポーランドのザコパネでエゴン・ペトリにピアノを学び、さらに短期間ベルリンに留学した。1938年の「2つのヴァイオリンのための主題と変奏」、翌年の「交響的練習曲」で評価されるようになった。作品にはヴィオラ・ソナタ、2つのピアノ協奏曲、オーボエ協奏曲、2つのヴァイオリン協奏曲、管弦楽のための協奏曲、チェロ協奏曲、3つの弦楽四重奏曲、3つの交響曲がある。1971年にジュリアン・ブリームのために『ギターのためのエレジー』を作曲中に死去。ブリームの手によって完成され初演された。また「捕われた心」「怒りの海」などの映画の音楽を担当している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 666948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51975619 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アラン・ロースソーン(Alan Rawsthorne、1905年5月2日 - 1971年7月24日)は、イギリスの作曲家。ランカシャー州ハズリンデン出身。マンチェスター音楽大学で学んだ後、ポーランドのザコパネでエゴン・ペトリにピアノを学び、さらに短期間ベルリンに留学した。1938年の「2つのヴァイオリンのための主題と変奏」、翌年の「交響的練習曲」で評価されるようになった。作品にはヴィオラ・ソナタ、2つのピアノ協奏曲、オーボエ協奏曲、2つのヴァイオリン協奏曲、管弦楽のための協奏曲、チェロ協奏曲、3つの弦楽四重奏曲、3つの交響曲がある。1971年にジュリアン・ブリームのために『ギターのためのエレジー』を作曲中に死去。ブリームの手によって完成され初演された。また「捕われた心」「怒りの海」などの映画の音楽を担当している。
rdfs:label
  • アラン・ロースソーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of