Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラン・グラフェン(Alan Grafen)はスコットランド生まれの生物学者。オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジに入学しリチャード・ドーキンスの元で動物行動学、進化生物学を学んだ。現在セント・ジョンズ・カレッジの動物学教授。専門は進化ゲーム理論、数理生物学である。姓はグレーブンなどとも訳される。グラフェンはアモツ・ザハヴィのハンディキャップ理論をESSとしてモデル化したことでよく知られている。彼はまたロナルド・フィッシャーのランナウェイ説のESSモデルも提示した。また群選択(デーム内集団選択)と血縁選択が本質的に同じものであることも指摘した。2006年には26人の生物学者、哲学者、心理学者によるエッセイ集『リチャード・ドーキンス:科学者が我々の思考法を変えた方法』を、同じくドーキンスの教え子であり元同輩であるマーク・リドレーとともに共編した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1629769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47294312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アラン・グラフェン(Alan Grafen)はスコットランド生まれの生物学者。オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジに入学しリチャード・ドーキンスの元で動物行動学、進化生物学を学んだ。現在セント・ジョンズ・カレッジの動物学教授。専門は進化ゲーム理論、数理生物学である。姓はグレーブンなどとも訳される。グラフェンはアモツ・ザハヴィのハンディキャップ理論をESSとしてモデル化したことでよく知られている。彼はまたロナルド・フィッシャーのランナウェイ説のESSモデルも提示した。また群選択(デーム内集団選択)と血縁選択が本質的に同じものであることも指摘した。2006年には26人の生物学者、哲学者、心理学者によるエッセイ集『リチャード・ドーキンス:科学者が我々の思考法を変えた方法』を、同じくドーキンスの教え子であり元同輩であるマーク・リドレーとともに共編した。
rdfs:label
  • アラン・グラフェン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of