Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラブ人の奴隷貿易とは、アラブ世界における奴隷制の実践であり、主に西アジアや北アフリカや東アフリカやヨーロッパの一部(イベリアや南イタリアなど)で、アラブ人支配者による統治期に行われた。貿易は、中東や北アフリカやアフリカの角の奴隷市場を中心としていた。取引された人々の人種や民族、宗教は特定のものに限らず、特に初期にはアラブ人やベルベル人も含まれていた。ファーティマ朝の8世紀と9世紀の期間は、奴隷のほとんどはスラヴ系東ヨーロッパ人(サカーリバと呼ばれた)であった。しかしその後、地中海人やペルシア人、テュルク系民族、コーカサスの山岳地帯の人々(グルジア人、アルメニア人、チェルケスen:Circassia人など)、中央アジアの一部の人々、スカンジナビア人、イングランド人、オランダ人、アイルランド人、北アフリカのベルベル人、アフリカのその他の地域の人々といったように、幅広い地域から様々な出自、民族の人々が集められた。18世紀と19世紀においては、東アフリカ出身の奴隷がインド洋上のザンジバルに拠点を置いたオマーン・スルタン国、及びザンジバル王国の勃興を助けた。彼らは東アフリカのスワヒリ海岸、及びタンガニーカ湖周辺に至るアフリカ内陸部において、ポルトガル人やその他のヨーロッパ人と衝突し、奴隷貿易競争を行った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2714744 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 299 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58718177 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アラブ人の奴隷貿易とは、アラブ世界における奴隷制の実践であり、主に西アジアや北アフリカや東アフリカやヨーロッパの一部(イベリアや南イタリアなど)で、アラブ人支配者による統治期に行われた。貿易は、中東や北アフリカやアフリカの角の奴隷市場を中心としていた。取引された人々の人種や民族、宗教は特定のものに限らず、特に初期にはアラブ人やベルベル人も含まれていた。ファーティマ朝の8世紀と9世紀の期間は、奴隷のほとんどはスラヴ系東ヨーロッパ人(サカーリバと呼ばれた)であった。しかしその後、地中海人やペルシア人、テュルク系民族、コーカサスの山岳地帯の人々(グルジア人、アルメニア人、チェルケスen:Circassia人など)、中央アジアの一部の人々、スカンジナビア人、イングランド人、オランダ人、アイルランド人、北アフリカのベルベル人、アフリカのその他の地域の人々といったように、幅広い地域から様々な出自、民族の人々が集められた。18世紀と19世紀においては、東アフリカ出身の奴隷がインド洋上のザンジバルに拠点を置いたオマーン・スルタン国、及びザンジバル王国の勃興を助けた。彼らは東アフリカのスワヒリ海岸、及びタンガニーカ湖周辺に至るアフリカ内陸部において、ポルトガル人やその他のヨーロッパ人と衝突し、奴隷貿易競争を行った。
rdfs:label
  • アラブ人の奴隷貿易
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of