Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラビア海(アラビアかい)はインド洋北西部の海域で、アラビア半島とインドとの間にある海。最大深度は4,652メートルである。流入する川で最大はインダス川である。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインド、パキスタン、オマーン、イエメン、ソマリア、モルジブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカーや欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 197188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 604 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54186816 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アラビア海(アラビアかい)はインド洋北西部の海域で、アラビア半島とインドとの間にある海。最大深度は4,652メートルである。流入する川で最大はインダス川である。北側にオマーン湾があり、ホルムズ海峡を通じてペルシャ湾に繋がっている。西側にはアデン湾があり、紅海に通じる。アラビア海に面する国はインド、パキスタン、オマーン、イエメン、ソマリア、モルジブである。代表的な島にソコトラ島(イエメン)やマシーラ島(オマーン)がある。紀元前数世紀から大航海時代にかけて重要な交易ルートであった。現在も、中東原油を運ぶタンカーや欧州との間の船舶が頻繁に往来し、ソマリア海賊を取り締まる海域でもある。
rdfs:label
  • アラビア海
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:riverMouth of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:waterbody of
is prop-ja:河口 of
is prop-ja:海域 of
is prop-ja:画像説明 of
is foaf:primaryTopic of