Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカ合衆国訟務長官(アメリカ がっしゅうこく しょうむ ちょうかん、United States Solicitor General)は、連邦最高裁判所で連邦政府が当事者となっている訴訟に際し、政府のために弁論を行う官職。アメリカ合衆国司法省所属の公務員である。訟務長官は大統領によって指名され、上院によって承認される。訟務長官は法律家と政治家の中間的な存在であり、裁判官ではない弁護士の最も高い地位だと一般には考えられている。訟務長官は1870年に設立され、100年ほどの間にいくつかの慣習が確立された。例えば、かつては訟務長官は最高裁判所に入廷する際は、縞模様のズボンに灰色のアスコット、またはウェストコート、燕尾服といったモーニングコートを着用しなければならないことになっていた。訟務長官の任務は、大統領の政治的立場に基づいて連邦政府の法的立場を弁護することにあり、明らかに不当であるとの公式見解を連邦政府が発表した場合には、下級裁判所で連邦政府が勝利していたとしても、訴訟を放棄することになっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 536472 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6635 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 96 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54827171 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アメリカ合衆国訟務長官(アメリカ がっしゅうこく しょうむ ちょうかん、United States Solicitor General)は、連邦最高裁判所で連邦政府が当事者となっている訴訟に際し、政府のために弁論を行う官職。アメリカ合衆国司法省所属の公務員である。訟務長官は大統領によって指名され、上院によって承認される。訟務長官は法律家と政治家の中間的な存在であり、裁判官ではない弁護士の最も高い地位だと一般には考えられている。訟務長官は1870年に設立され、100年ほどの間にいくつかの慣習が確立された。例えば、かつては訟務長官は最高裁判所に入廷する際は、縞模様のズボンに灰色のアスコット、またはウェストコート、燕尾服といったモーニングコートを着用しなければならないことになっていた。訟務長官の任務は、大統領の政治的立場に基づいて連邦政府の法的立場を弁護することにあり、明らかに不当であるとの公式見解を連邦政府が発表した場合には、下級裁判所で連邦政府が勝利していたとしても、訴訟を放棄することになっている。
rdfs:label
  • アメリカ合衆国訟務長官
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:title of
is foaf:primaryTopic of