Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本稿では、1849年から1865年に掛けてのアメリカ合衆国の歴史を扱う。この期間の最も大きな出来事は南北戦争であり、アンテベラムと呼ばれる戦前の時代には南北戦争の原因となる多くの重要な出来事が起こった。1840年代から1850年代のアメリカ合衆国は、工業化と輸送手段の変革によって北部と中西部の経済が変化し、全体として経済と文化の変動を経験していた。移民も北部に偏って増え続け大きな文化的変化をもたらしていた。1849年にカリフォルニア・ゴールドラッシュが起こったことで、ウィルモット条項で提起された奴隷制問題を議論の前面に押し出した。カリフォルニアをアメリカ合衆国の州として受け容れることは1850年妥協で落着した。この妥協では米墨戦争の結果獲得した領土の残り部分についてその政治的姿勢が人民主権によって決定されることとされた。逃亡奴隷法に関する議論が続き、党派抗争が常のことになった。1854年、カンザス・ネブラスカ法で新しい州のそれぞれが奴隷制に関する姿勢を決められることとして、ミズーリ妥協を無効にした。カンザス州で奴隷制擁護派と反対派が入植してきて対立し、結果的に奴隷制反対派側が勝ちを収めたことは、共和党の誕生で兆候のあった抗争に火を付けることになった。1861年までにカンザス州がアメリカ合衆国に加盟し、議会の勢力バランスが崩れていた。1860年にエイブラハム・リンカーンが大統領に選ばれた後、その年遅くから1861年前半に掛けて、南部の11州がアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、2月9日にはアメリカ連合国政府を樹立した。南軍のP・G・T・ボーリガード将軍がサウスカロライナ州にある北軍の基地サムター砦の部隊を砲撃したときに、南北戦争が始まった。それに続く4年間、国内は奴隷制と州の権限に関わる長く深刻な問題で分裂し、アメリカ合衆国の歴史の中でも最も暗い時代になった。都市が成長し工業化の進んでいた北部州(北軍)が、主に田園の農業地帯である南部州(南軍)を最終的に破ったが、双方共に60万人から70万人が殺され、南部の土地の大半は荒廃した。1860年の国勢調査に基づけば、この戦争で13歳から43歳までの白人男性の8%が死に、その比率は北部では6%だったが、南部では18%にも達した。最後は奴隷制が廃止され、アメリカ合衆国は一つに戻った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2036422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53147199 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本稿では、1849年から1865年に掛けてのアメリカ合衆国の歴史を扱う。この期間の最も大きな出来事は南北戦争であり、アンテベラムと呼ばれる戦前の時代には南北戦争の原因となる多くの重要な出来事が起こった。1840年代から1850年代のアメリカ合衆国は、工業化と輸送手段の変革によって北部と中西部の経済が変化し、全体として経済と文化の変動を経験していた。移民も北部に偏って増え続け大きな文化的変化をもたらしていた。1849年にカリフォルニア・ゴールドラッシュが起こったことで、ウィルモット条項で提起された奴隷制問題を議論の前面に押し出した。カリフォルニアをアメリカ合衆国の州として受け容れることは1850年妥協で落着した。この妥協では米墨戦争の結果獲得した領土の残り部分についてその政治的姿勢が人民主権によって決定されることとされた。逃亡奴隷法に関する議論が続き、党派抗争が常のことになった。1854年、カンザス・ネブラスカ法で新しい州のそれぞれが奴隷制に関する姿勢を決められることとして、ミズーリ妥協を無効にした。カンザス州で奴隷制擁護派と反対派が入植してきて対立し、結果的に奴隷制反対派側が勝ちを収めたことは、共和党の誕生で兆候のあった抗争に火を付けることになった。1861年までにカンザス州がアメリカ合衆国に加盟し、議会の勢力バランスが崩れていた。1860年にエイブラハム・リンカーンが大統領に選ばれた後、その年遅くから1861年前半に掛けて、南部の11州がアメリカ合衆国からの脱退を宣言し、2月9日にはアメリカ連合国政府を樹立した。南軍のP・G・T・ボーリガード将軍がサウスカロライナ州にある北軍の基地サムター砦の部隊を砲撃したときに、南北戦争が始まった。それに続く4年間、国内は奴隷制と州の権限に関わる長く深刻な問題で分裂し、アメリカ合衆国の歴史の中でも最も暗い時代になった。都市が成長し工業化の進んでいた北部州(北軍)が、主に田園の農業地帯である南部州(南軍)を最終的に破ったが、双方共に60万人から70万人が殺され、南部の土地の大半は荒廃した。1860年の国勢調査に基づけば、この戦争で13歳から43歳までの白人男性の8%が死に、その比率は北部では6%だったが、南部では18%にも達した。最後は奴隷制が廃止され、アメリカ合衆国は一つに戻った。
rdfs:label
  • アメリカ合衆国の歴史 (1849-1865)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of