Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アムロジピンは、長時間作用型ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬の一つである。世界中で高血圧治療薬および狭心症治療薬として用いられている。不斉炭素を一つ持つが、光学分割はされていない。他のカルシウム拮抗薬同様に、動脈血管の平滑筋の収縮に必要なCaイオンの流入を抑制し末梢血管(動脈)を拡張させる。末梢血管抵抗の低下により血圧を下げ、また心臓に血液を送る冠動脈を拡張させ心筋への血流を増加させる事により多くのカルシウムチャネル拮抗薬同様に狭心症発作に有効である。尚、ジルチアゼムやベラパミルなどの非ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬と異なり、心拍数低下作用や房室結節での伝導抑制作用はなく、心房細動やPSVT(発作性上室性頻拍)などの頻脈性不整脈には無効である。多くの高血圧患者にアムロジピンが使用されている理由として、従来のジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬と異なり顔面紅潮(顔が赤くみえる)や頭痛、頻脈(心拍数の上昇)などの副作用が少ない事半減期(消化管から吸収後の肝臓での代謝に要する時間)が長く、効果も確かであり1日1回投与で効果が持続する事他の薬剤に劣るとの報告もあるが、多くの大規模な臨床試験が実施されており、臨床使用時のエビデンスが豊富である事等が挙げられる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1965769 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59150439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • 8.0
prop-ja:atcSuffix
  • CA01
prop-ja:bioavailability
  • 64 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 88150 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 2077 (xsd:integer)
prop-ja:cl
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD00520
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
prop-ja:h
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:inchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:inchikey
  • HTIQEAQVCYTUBX-UHFFFAOYAV
prop-ja:iupacName
  • -3 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D07450
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:metabolism
prop-ja:molecularWeight
  • 408.879000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • C
prop-ja:pregnancyUs
  • C
prop-ja:pubchem
  • 2162 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口投与
prop-ja:smiles
  • Clc1ccccc1C2C\COC
prop-ja:verifiedrevid
  • 321794363 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アムロジピンは、長時間作用型ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬の一つである。世界中で高血圧治療薬および狭心症治療薬として用いられている。不斉炭素を一つ持つが、光学分割はされていない。他のカルシウム拮抗薬同様に、動脈血管の平滑筋の収縮に必要なCaイオンの流入を抑制し末梢血管(動脈)を拡張させる。末梢血管抵抗の低下により血圧を下げ、また心臓に血液を送る冠動脈を拡張させ心筋への血流を増加させる事により多くのカルシウムチャネル拮抗薬同様に狭心症発作に有効である。尚、ジルチアゼムやベラパミルなどの非ジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬と異なり、心拍数低下作用や房室結節での伝導抑制作用はなく、心房細動やPSVT(発作性上室性頻拍)などの頻脈性不整脈には無効である。多くの高血圧患者にアムロジピンが使用されている理由として、従来のジヒドロピリジン系カルシウムチャネル拮抗薬と異なり顔面紅潮(顔が赤くみえる)や頭痛、頻脈(心拍数の上昇)などの副作用が少ない事半減期(消化管から吸収後の肝臓での代謝に要する時間)が長く、効果も確かであり1日1回投与で効果が持続する事他の薬剤に劣るとの報告もあるが、多くの大規模な臨床試験が実施されており、臨床使用時のエビデンスが豊富である事等が挙げられる。
rdfs:label
  • アムロジピン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of