Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アムピトリュオーン(古希: Ἀμφιτρύων, Amphitryōn)は、ギリシア神話の人物である。アンピトリュオーン、長母音を省略してアムピトリュオン、アンピトリュオン、あるいはアンフィトリオン、アンフィトリュオンとも表記される。ミュケーナイの王ペルセウスの子アルカイオスと、エーリスの王ペロプスの娘アステュダメイアもしくはリューシディケー、グーネウスの娘ラーオノメー、またあるいはメノイケウスの娘ヒッポノメーの子で、アナクソーと兄弟。アムピトリュオーンはミュケーネイ王エーレクトリュオーンの娘アルクメーネーとの間にイーピクレースをもうけ、アルクメーネーとゼウスの子でイーピクレースと双子の兄であるヘーラクレースの義理の父となった。またアムピトリュオーンはテーバイを苦しめた牝狐(テウメーッソスの狐)を退治し、タポスやエウボイアとの戦争に勝利した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1830817 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56320900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アムピトリュオーン(古希: Ἀμφιτρύων, Amphitryōn)は、ギリシア神話の人物である。アンピトリュオーン、長母音を省略してアムピトリュオン、アンピトリュオン、あるいはアンフィトリオン、アンフィトリュオンとも表記される。ミュケーナイの王ペルセウスの子アルカイオスと、エーリスの王ペロプスの娘アステュダメイアもしくはリューシディケー、グーネウスの娘ラーオノメー、またあるいはメノイケウスの娘ヒッポノメーの子で、アナクソーと兄弟。アムピトリュオーンはミュケーネイ王エーレクトリュオーンの娘アルクメーネーとの間にイーピクレースをもうけ、アルクメーネーとゼウスの子でイーピクレースと双子の兄であるヘーラクレースの義理の父となった。またアムピトリュオーンはテーバイを苦しめた牝狐(テウメーッソスの狐)を退治し、タポスやエウボイアとの戦争に勝利した。
rdfs:label
  • アムピトリュオーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of