Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アムピクテュオーン (古希: Ἀμφικτύων, Amphiktyōn) は、ギリシア神話の人物で、アテーナイの王である。アンピクテュオーン、長母音を省略してアムピクテュオン、アンピクテュオンとも表記される。プロメーテウスの子デウカリオーンとピュラーの子で、ヘレーン、プロートゲネイア、オレステウスと兄弟。アムピクテュオーンは大地から生まれたともいわれ、アテーナイ王クラナオスの娘と結婚し、息子イトーノスのほか、ケルキュオーンとトリプトレモスの母になった娘がいた。アムピクテュオーンは義理の父クラナオスを追放して自ら王となり、12年間アテーナイを支配したが、その後エリクトニオスによって王位を追われた。一説にアムピクテュオーンはポーキスにイオニア、ドロピア、テッサリアー、アイニアーネス、マグネーシア、マリス、プティオーティス、ドーリス、ポーキス、ロクリスの諸族を集め、デルポイの聖域を維持するための隣保同盟を創設した。この同盟の参加者はアムピクテュオーンにちなんでアムピクテュオネスと呼ばれ、その会議場があったボイオーティアのアンテーレー付近にはアムピクテュオーンとデーメーテール・アムピクテュオネスの聖域があったという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1591627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50650579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アムピクテュオーン (古希: Ἀμφικτύων, Amphiktyōn) は、ギリシア神話の人物で、アテーナイの王である。アンピクテュオーン、長母音を省略してアムピクテュオン、アンピクテュオンとも表記される。プロメーテウスの子デウカリオーンとピュラーの子で、ヘレーン、プロートゲネイア、オレステウスと兄弟。アムピクテュオーンは大地から生まれたともいわれ、アテーナイ王クラナオスの娘と結婚し、息子イトーノスのほか、ケルキュオーンとトリプトレモスの母になった娘がいた。アムピクテュオーンは義理の父クラナオスを追放して自ら王となり、12年間アテーナイを支配したが、その後エリクトニオスによって王位を追われた。一説にアムピクテュオーンはポーキスにイオニア、ドロピア、テッサリアー、アイニアーネス、マグネーシア、マリス、プティオーティス、ドーリス、ポーキス、ロクリスの諸族を集め、デルポイの聖域を維持するための隣保同盟を創設した。この同盟の参加者はアムピクテュオーンにちなんでアムピクテュオネスと呼ばれ、その会議場があったボイオーティアのアンテーレー付近にはアムピクテュオーンとデーメーテール・アムピクテュオネスの聖域があったという。
rdfs:label
  • アムピクテュオーン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of