Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アマーリエ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト=ビシュヴァイラー(ドイツ語:Amalie von Pfalz-Zweibrücken-Birkenfeld-Bischweiler, 1752年5月10日 - 1828年11月15日)は、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の妃。ヴィッテルスバッハ家プファルツ系傍系プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルと、同じくプファルツ系傍系プファルツ=ズルツバッハ家出身の妻マリア・フランツィスカの長女として、マンハイムで生まれた。弟に初代バイエルン王となったマクシミリアン1世ヨーゼフがいる。1769年、当時選帝侯であったフリードリヒ・アウグストと結婚した。なお、1774年にアマーリエの兄であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公カール3世アウグスト・クリスティアンがフリードリヒ・アウグストの妹マリア・アマーリアと結婚している。アマーリエは4子を生んだが、うち3人は死産し、一人娘のマリア・アウグスタのみが成人した。マリア・アウグスタ(1782年 - 1863年) - 生涯を独身で過ごした1828年、アマーリエは76歳で死去し、ドレスデンのホーフキルヒェ(Katholische Hofkirche)に埋葬された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1689037 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55023509 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アマーリエ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト=ビシュヴァイラー(ドイツ語:Amalie von Pfalz-Zweibrücken-Birkenfeld-Bischweiler, 1752年5月10日 - 1828年11月15日)は、ザクセン王フリードリヒ・アウグスト1世の妃。ヴィッテルスバッハ家プファルツ系傍系プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト家の公子フリードリヒ・ミヒャエルと、同じくプファルツ系傍系プファルツ=ズルツバッハ家出身の妻マリア・フランツィスカの長女として、マンハイムで生まれた。弟に初代バイエルン王となったマクシミリアン1世ヨーゼフがいる。1769年、当時選帝侯であったフリードリヒ・アウグストと結婚した。なお、1774年にアマーリエの兄であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公カール3世アウグスト・クリスティアンがフリードリヒ・アウグストの妹マリア・アマーリアと結婚している。アマーリエは4子を生んだが、うち3人は死産し、一人娘のマリア・アウグスタのみが成人した。マリア・アウグスタ(1782年 - 1863年) - 生涯を独身で過ごした1828年、アマーリエは76歳で死去し、ドレスデンのホーフキルヒェ(Katholische Hofkirche)に埋葬された。
rdfs:label
  • アマーリエ・フォン・プファルツ=ツヴァイブリュッケン=ビルケンフェルト
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of