Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリア・アンナ・アマーリア・フォン・クールラント(Maria Anna Amalia von Kurland, 1653年6月12日 ミタウ - 1711年6月16日 ヴァイルミュンスター)は、リヴォニアのクールラント公爵家の公女で、ヘッセン=カッセル方伯カールの妻。クールラント公ヤーコプ・ケトラーとその妻でブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるルイーゼ・シャルロッテの間に生まれた。最初、母親同士が姉妹の従兄にあたるヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム7世と婚約したが、ヴィルヘルムがグランド・ツアーの最中に19歳の若さで急死したため、その弟で方伯家を継いだカールと結婚した。2人の結婚式は1673年5月21日にカッセルで執り行われた。1699年、息子のマクシミリアンと共同でゼンゼンシュタイン城(Burg Sensenstein)を与えられた。死後はカッセルのザンクト・マルティン教会(Martinskirche)に葬られた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2567234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55781833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリア・アンナ・アマーリア・フォン・クールラント(Maria Anna Amalia von Kurland, 1653年6月12日 ミタウ - 1711年6月16日 ヴァイルミュンスター)は、リヴォニアのクールラント公爵家の公女で、ヘッセン=カッセル方伯カールの妻。クールラント公ヤーコプ・ケトラーとその妻でブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるルイーゼ・シャルロッテの間に生まれた。最初、母親同士が姉妹の従兄にあたるヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム7世と婚約したが、ヴィルヘルムがグランド・ツアーの最中に19歳の若さで急死したため、その弟で方伯家を継いだカールと結婚した。2人の結婚式は1673年5月21日にカッセルで執り行われた。1699年、息子のマクシミリアンと共同でゼンゼンシュタイン城(Burg Sensenstein)を与えられた。死後はカッセルのザンクト・マルティン教会(Martinskirche)に葬られた。
rdfs:label
  • アマーリア・フォン・クールラント
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:母親 of
is foaf:primaryTopic of