Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アマドゥ・ディアロ(Amadou Diallo、1975年9月2日 - 1999年2月4日) は、ニューヨーク市に住んでいた23歳のギニア人の移民。1999年2月4日に、ニューヨーク市警察に勤める4人の白人警官から、合計で41発の銃弾を受けて射殺された。4人の警官は解雇され起訴されたが、その全員が裁判で無罪となった。ディアロは射撃時点で非武装であったにもかかわらず射殺されたため、この事件は多くの人々の興味を引いた。また、白人警官が黒人であるディアロを射殺したことから、黒人達からの強い反発を生んだ。その後、警察官の暴力問題、人種差別問題、射撃の伝染性など、多くの論争のきっかけとなった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1932790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57533316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アマドゥ・ディアロ(Amadou Diallo、1975年9月2日 - 1999年2月4日) は、ニューヨーク市に住んでいた23歳のギニア人の移民。1999年2月4日に、ニューヨーク市警察に勤める4人の白人警官から、合計で41発の銃弾を受けて射殺された。4人の警官は解雇され起訴されたが、その全員が裁判で無罪となった。ディアロは射撃時点で非武装であったにもかかわらず射殺されたため、この事件は多くの人々の興味を引いた。また、白人警官が黒人であるディアロを射殺したことから、黒人達からの強い反発を生んだ。その後、警察官の暴力問題、人種差別問題、射撃の伝染性など、多くの論争のきっかけとなった。
rdfs:label
  • アマドゥ・ディアロ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of