Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アポロ14号はアメリカ合衆国のアポロ計画における8度目の有人宇宙飛行である。史上3度目となる月面着陸を行った。「H計画」と呼ばれる、二日間にわたる月面滞在をしてその間に船外活動などを行う飛行はこれが最後のものとなった。アラン・シェパード (Alan Shepard) 船長、スチュアート・ルーサ (Stuart Roosa) 司令船操縦士、エドガー・ミッチェル (Edgar Mitchell) 月着陸船操縦士の三飛行士を乗せたサターン5型ロケットは1971年1月31日、予定時刻よりも40分02秒遅れて午後4時04分02秒に、ケネディ宇宙センターから9日間の飛行に向けて打ち上げられた。発射時間がずらされたのは悪天候によるもので、このような遅延が生じたのはアポロ計画で初めてのことだった。シェパードとミッチェルは2月5日、フラ・マウロ丘陵 (Fra Mauro formation) に着陸した。ここは失敗に終わったアポロ13号の着陸予定地点であった。二回にわたる船外活動では42kg (93ポンド) の岩石が採集され、地震の観測などを含むいくつかの科学実験が行われた。またシェパードは地球からゴルフクラブを持っていき、ゴルフボールを2球打った。月面滞在時間は33時間で、そのうち船外活動に費やしたのは9.5時間であった。両飛行士が月面に滞在している間、ルーサ飛行士は司令船「キティ・ホーク」で月周回軌道に残って科学実験を行い、さらに今後予定されているアポロ16号の着陸地点などを含む月面の写真撮影を行った。また彼は数百個の植物の種を宇宙に持って行った。それらの多くは後に発芽し、「月の木」と呼ばれて各地に植樹された。三飛行士は2月9日、太平洋に帰還した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 421189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59162809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:crew1Up
prop-ja:crew2Up
prop-ja:crew3Up
prop-ja:flights1Up
prop-ja:flights2Up
prop-ja:flights3Up
prop-ja:notes
prop-ja:position
  • 司令船操縦士
  • 月着陸船操縦士
  • 船長
prop-ja:terminology
  • 飛行士
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • -3.42 -19.67
rdf:type
rdfs:comment
  • アポロ14号はアメリカ合衆国のアポロ計画における8度目の有人宇宙飛行である。史上3度目となる月面着陸を行った。「H計画」と呼ばれる、二日間にわたる月面滞在をしてその間に船外活動などを行う飛行はこれが最後のものとなった。アラン・シェパード (Alan Shepard) 船長、スチュアート・ルーサ (Stuart Roosa) 司令船操縦士、エドガー・ミッチェル (Edgar Mitchell) 月着陸船操縦士の三飛行士を乗せたサターン5型ロケットは1971年1月31日、予定時刻よりも40分02秒遅れて午後4時04分02秒に、ケネディ宇宙センターから9日間の飛行に向けて打ち上げられた。発射時間がずらされたのは悪天候によるもので、このような遅延が生じたのはアポロ計画で初めてのことだった。シェパードとミッチェルは2月5日、フラ・マウロ丘陵 (Fra Mauro formation) に着陸した。ここは失敗に終わったアポロ13号の着陸予定地点であった。二回にわたる船外活動では42kg (93ポンド) の岩石が採集され、地震の観測などを含むいくつかの科学実験が行われた。またシェパードは地球からゴルフクラブを持っていき、ゴルフボールを2球打った。月面滞在時間は33時間で、そのうち船外活動に費やしたのは9.5時間であった。両飛行士が月面に滞在している間、ルーサ飛行士は司令船「キティ・ホーク」で月周回軌道に残って科学実験を行い、さらに今後予定されているアポロ16号の着陸地点などを含む月面の写真撮影を行った。また彼は数百個の植物の種を宇宙に持って行った。それらの多くは後に発芽し、「月の木」と呼ばれて各地に植樹された。三飛行士は2月9日、太平洋に帰還した。
rdfs:label
  • アポロ14号
owl:sameAs
geo:lat
  • -3.420000 (xsd:float)
geo:long
  • -19.670000 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:mission of
is prop-ja:payload of
is prop-ja:rocket of
is foaf:primaryTopic of