Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アポロ10号はアメリカ合衆国のアポロ計画における四度目の有人宇宙飛行である。この飛行はアポロ計画の中で「F計画」に分類されるもので、その目的は次のアポロ11号のためのリハーサルであり、月面着陸のためのすべての手順と機器を、実際に月に着陸することなしに検証することであった。この飛行では、史上二度目となる有人月周回飛行 (史上初の月周回飛行は アポロ8号が行った) と、月着陸船の全機器の試験が月周回軌道上で行われた。またこのとき着陸船は、月面から8.4海里 (15.6km) まで接近した。10号は1969年5月26日に月から帰還する際、速度が時速39,897km (秒速11.08km) に達した。これは人間が乗った乗物が達成した史上最大の速度として、2002年版のギネスブックに記録されている。この計画では宇宙船の識別符号に漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、半公式的に計画自体のマスコット・キャラクターとなった。また作者のチャールズ・M・シュルツ (Charles M. Schulz) 自身も、計画に関連するイラストをNASAのために描いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 537029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14609 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59162785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:booster
  • サターンV SA-505
prop-ja:commandModule
  • CM-106
prop-ja:crew1Up
prop-ja:crew2Up
prop-ja:crew3Up
prop-ja:crewCaption
  • 左よりサーナン、スタフォード、ヤング
prop-ja:crewMembers
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:crewPhoto
  • The Apollo 10 Prime Crew - GPN-2000-001163.jpg
prop-ja:duration
  • 192 (xsd:integer)
prop-ja:flights1Up
prop-ja:flights2Up
prop-ja:flights3Up
prop-ja:insignia
  • Apollo-10-LOGO.png
prop-ja:landing
  • --05-26
  • 60743.0
prop-ja:launch
  • --05-18
  • 60540.0
prop-ja:launchPad
  • 39 (xsd:integer)
  • フロリダ州ケネディー宇宙センター
prop-ja:lunarModule
  • LM-4
prop-ja:mass
  • 司令機械船: 28,830 kg 月着陸船: 13,941kg
prop-ja:missionName
  • Apollo 10
prop-ja:next
prop-ja:position
  • 司令船操縦士
  • 月着陸船操縦士
  • 船長
prop-ja:previous
prop-ja:serviceModule
  • SM-106
prop-ja:sign
prop-ja:terminology
  • 飛行士
prop-ja:timeLunarOrbits
  • 61 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • -15.033333333333333 -164.65
rdf:type
rdfs:comment
  • アポロ10号はアメリカ合衆国のアポロ計画における四度目の有人宇宙飛行である。この飛行はアポロ計画の中で「F計画」に分類されるもので、その目的は次のアポロ11号のためのリハーサルであり、月面着陸のためのすべての手順と機器を、実際に月に着陸することなしに検証することであった。この飛行では、史上二度目となる有人月周回飛行 (史上初の月周回飛行は アポロ8号が行った) と、月着陸船の全機器の試験が月周回軌道上で行われた。またこのとき着陸船は、月面から8.4海里 (15.6km) まで接近した。10号は1969年5月26日に月から帰還する際、速度が時速39,897km (秒速11.08km) に達した。これは人間が乗った乗物が達成した史上最大の速度として、2002年版のギネスブックに記録されている。この計画では宇宙船の識別符号に漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、半公式的に計画自体のマスコット・キャラクターとなった。また作者のチャールズ・M・シュルツ (Charles M.
rdfs:label
  • アポロ10号
owl:sameAs
geo:lat
  • -15.033334 (xsd:float)
geo:long
  • -164.649994 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mission of
is prop-ja:next of
is foaf:primaryTopic of