Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アベベ・メコネン(Abebe Mekonnen 1964年10月16日- )はエチオピアの陸上競技選手(長距離)。少年時代から陸上競技の素質を見いだされ、マモ・ウォルデらからトレーニングを受けていた。1985年ワールドカップ広島大会で初めてサブテン(2時間10分未満)を記録。1986年のロッテルダムマラソンでマラソン初優勝を果たす。1988年から1989年にかけてがマラソン選手としてのピークで、4レースに続けてサブテンを記録し、うち3つ(1989年の第93回ボストンマラソンを含む)のレースに優勝し、その一つである1988年の北京国際マラソンでは自己ベストとなる2時間07分35秒を記録した。この記録は現在もコースレコードである。この活躍により、ソウルオリンピック前後には現役世界最強選手と謳われた。しかし、エチオピアがソウルオリンピック参加を見送ったため、同国のベライン・デンシモ(当時世界最高記録保持者)ともども出場することができなかった。1988年に出場ならなかったオリンピックには、1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックにと2度エチオピア代表として出場したが、バルセロナでは途中棄権、アトランタでは2時間29分45秒で81位に終わった。また、世界陸上競技選手権大会でも4度出場しながら3度は途中棄権、完走した1995年のイェーテボリ大会も47位と、これらのビッグタイトルには縁がなかった。自己記録を出した1988年の北京をはじめ、1989年の福岡、1991年東京世界陸上など、レース中やレース直後に嘔吐することが多かった。世界クロスカントリー選手権には何度も出場し1993年には2位になっている。1998年のロンドンマラソンで最後のサブテンを記録。1985年のワールドカップから数えて、足掛け14年もの間サブテンを記録したアベベ・メコネンは、男子マラソンサブテン最長足掛け期間記録保持者である。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1466419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58379107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
  • ベライン・デンシモ
  • ジェリンド・ボルディン
  • スティーブ・モネゲッティ
  • 森下広一
  • 谷口浩美
prop-ja:before
  • イブラヒム・フセイン
  • カルロス・ロペス
  • 中山竹通
  • 森下広一
  • 谷口浩美
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1986 (xsd:integer)
  • 1988 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 1991 (xsd:integer)
  • 1993 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アベベ・メコネン(Abebe Mekonnen 1964年10月16日- )はエチオピアの陸上競技選手(長距離)。少年時代から陸上競技の素質を見いだされ、マモ・ウォルデらからトレーニングを受けていた。1985年ワールドカップ広島大会で初めてサブテン(2時間10分未満)を記録。1986年のロッテルダムマラソンでマラソン初優勝を果たす。1988年から1989年にかけてがマラソン選手としてのピークで、4レースに続けてサブテンを記録し、うち3つ(1989年の第93回ボストンマラソンを含む)のレースに優勝し、その一つである1988年の北京国際マラソンでは自己ベストとなる2時間07分35秒を記録した。この記録は現在もコースレコードである。この活躍により、ソウルオリンピック前後には現役世界最強選手と謳われた。しかし、エチオピアがソウルオリンピック参加を見送ったため、同国のベライン・デンシモ(当時世界最高記録保持者)ともども出場することができなかった。1988年に出場ならなかったオリンピックには、1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックにと2度エチオピア代表として出場したが、バルセロナでは途中棄権、アトランタでは2時間29分45秒で81位に終わった。また、世界陸上競技選手権大会でも4度出場しながら3度は途中棄権、完走した1995年のイェーテボリ大会も47位と、これらのビッグタイトルには縁がなかった。自己記録を出した1988年の北京をはじめ、1989年の福岡、1991年東京世界陸上など、レース中やレース直後に嘔吐することが多かった。世界クロスカントリー選手権には何度も出場し1993年には2位になっている。1998年のロンドンマラソンで最後のサブテンを記録。1985年のワールドカップから数えて、足掛け14年もの間サブテンを記録したアベベ・メコネンは、男子マラソンサブテン最長足掛け期間記録保持者である。
rdfs:label
  • アベベ・メコネン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of