Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アベイ座 (アベイざ、The Abbey Theatre、アイルランド語:Amharclann na Mainistreach)は、アイルランド国立劇場(Amharclann Náisiúnta na hÉireann)として知られる、アイルランド・ダブリンの劇場。日本語ではアビー座、アベイ・シアター、アビー・シアターなどとも表記される。1904年12月27日に第一回公演が行われた。1951年7月の火事で原型の建物を焼失したが、再建して現在も上演を続けている。アベイ座は、英語圏の劇場で初めて国の補助金を受けた劇場である。当初、劇場は創設に関わり上演作品を生み出したアイルランド文芸復興運動の作家たちと密接に結びついていた。アベイ座はアイルランド演劇と20世紀の俳優たちの養成所であった。ウィリアム・バトラー・イェイツ、オーガスタ・グレゴリー、ショーン・オケイシー、ジョン・ミリントン・シングら詩人・劇作家が作品を提供した。加えて、外国公演も行い北米からの観客も呼び込むことから、アイルランド観光産業の牽引役ともなっている。1902年にイェイツを会長として創立されたアイルランド国民演劇協会が母体である。翌1903年にロンドン公演を行った際、紅茶商として成功したホーニマン家の一員であるアニー・ホーニマンが、『もしこの劇団が今後一年以上存続するならば』という条件で、本拠地のない彼らに劇場を一つ提供しようと申し出た。1903年、ホーニマンが提供した1,300ポンドの資金を元に、イェイツ、グレゴリー夫人、ジョージ・ウィリアム・ラッセル、エドワード・マーティン、シングらが集まりアイルランド国立演劇協会を設立。ローワー・アベイ街にあった寄席劇場と、その隣にあった空いた建物とを買い取って改装し、アベイ座と名付けられた。1904年12月27日の初演では、イェイツの『バレの磯』、グレゴリー夫人の『うわさのひろまり』が上演された。次第に大成功を収めるようになっていったアベイ座は、劇作家のための劇場という名声も獲得した。1951年の失火で劇場を焼失後、本拠地を古いクイーン座へ移して1966年まで活動。1961年にかつてのアベイ座の焼け跡が取り壊され、1963年から再建を開始。当時の大統領エイモン・デ・ヴァレラが劇場の基礎石を置いた。1966年に新劇場完成。 焼失前の旧アベイ座の姿はキングス・カレッジ・ロンドン、ダブリンのトリニティ・カレッジ、及びダブリンのデジタルグラフィック企業NOHOの協働作業による学術プロジェクトAbbey Theatre, 1904によってデジタル復元されており、3D画像で内装を見ることができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1396819 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53629008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アベイ座 (アベイざ、The Abbey Theatre、アイルランド語:Amharclann na Mainistreach)は、アイルランド国立劇場(Amharclann Náisiúnta na hÉireann)として知られる、アイルランド・ダブリンの劇場。日本語ではアビー座、アベイ・シアター、アビー・シアターなどとも表記される。1904年12月27日に第一回公演が行われた。1951年7月の火事で原型の建物を焼失したが、再建して現在も上演を続けている。アベイ座は、英語圏の劇場で初めて国の補助金を受けた劇場である。当初、劇場は創設に関わり上演作品を生み出したアイルランド文芸復興運動の作家たちと密接に結びついていた。アベイ座はアイルランド演劇と20世紀の俳優たちの養成所であった。ウィリアム・バトラー・イェイツ、オーガスタ・グレゴリー、ショーン・オケイシー、ジョン・ミリントン・シングら詩人・劇作家が作品を提供した。加えて、外国公演も行い北米からの観客も呼び込むことから、アイルランド観光産業の牽引役ともなっている。1902年にイェイツを会長として創立されたアイルランド国民演劇協会が母体である。翌1903年にロンドン公演を行った際、紅茶商として成功したホーニマン家の一員であるアニー・ホーニマンが、『もしこの劇団が今後一年以上存続するならば』という条件で、本拠地のない彼らに劇場を一つ提供しようと申し出た。1903年、ホーニマンが提供した1,300ポンドの資金を元に、イェイツ、グレゴリー夫人、ジョージ・ウィリアム・ラッセル、エドワード・マーティン、シングらが集まりアイルランド国立演劇協会を設立。ローワー・アベイ街にあった寄席劇場と、その隣にあった空いた建物とを買い取って改装し、アベイ座と名付けられた。1904年12月27日の初演では、イェイツの『バレの磯』、グレゴリー夫人の『うわさのひろまり』が上演された。次第に大成功を収めるようになっていったアベイ座は、劇作家のための劇場という名声も獲得した。1951年の失火で劇場を焼失後、本拠地を古いクイーン座へ移して1966年まで活動。1961年にかつてのアベイ座の焼け跡が取り壊され、1963年から再建を開始。当時の大統領エイモン・デ・ヴァレラが劇場の基礎石を置いた。1966年に新劇場完成。 焼失前の旧アベイ座の姿はキングス・カレッジ・ロンドン、ダブリンのトリニティ・カレッジ、及びダブリンのデジタルグラフィック企業NOHOの協働作業による学術プロジェクトAbbey Theatre, 1904によってデジタル復元されており、3D画像で内装を見ることができる。
rdfs:label
  • アベイ座
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of