Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アプス (apse)、またはラテン語で absis、または後陣は、壁面に穿たれた半円形、または多角形に窪んだ部分である。ローマ建築に起源を持ち、宗教建築・世俗建築の双方において見られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 581084 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58379892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アプス (apse)、またはラテン語で absis、または後陣は、壁面に穿たれた半円形、または多角形に窪んだ部分である。ローマ建築に起源を持ち、宗教建築・世俗建築の双方において見られる。
rdfs:label
  • アプス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of