Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アブラムシ(油虫)はカメムシ目(半翅目)のアブラムシ上科(Aphidoidea)に属する昆虫の総称である。アリマキ(蟻牧)とも呼ぶ。植物の上でほとんど移動せず、集団で維管束に口針を突き刺して師管液を吸って生活する、小型で弱々しい昆虫と言われる。アリと共生し、分泌物を与えるかわりに天敵から守ってもらう習性や、単為生殖によっても増え真社会性を持つことなどから、生態や進化の研究のモデル昆虫ともなっている。
dbpedia-owl:class
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 244920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 89 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57043491 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上科
  • アブラムシ上科 Aphidoidea
prop-ja:下位分類
  • * アブラムシ科 Aphididae * カサアブラムシ科 Adelgidae * ネアブラムシ科 Phylloxeridae
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜目
prop-ja:亜綱
prop-ja:名称
  • アブラムシ上科
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:省略
  • 昆虫綱
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アブラムシ(油虫)はカメムシ目(半翅目)のアブラムシ上科(Aphidoidea)に属する昆虫の総称である。アリマキ(蟻牧)とも呼ぶ。植物の上でほとんど移動せず、集団で維管束に口針を突き刺して師管液を吸って生活する、小型で弱々しい昆虫と言われる。アリと共生し、分泌物を与えるかわりに天敵から守ってもらう習性や、単為生殖によっても増え真社会性を持つことなどから、生態や進化の研究のモデル昆虫ともなっている。
rdfs:label
  • アブラムシ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 昆虫綱
  • アブラムシ上科
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of