Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アフマド(احمد Aḥmad)は、ムスリム(イスラム教徒)の男性名。もともとはアラビア語で「賞賛する」「称えられる」を意味する ḥ-m-d(ḥamada/ḥamida)の形容詞 ḥamīd の比較級・最上級形で「最も称讃された(者)」を意味する。ムハンマドと同語根の単語で、さらにハディースによれば「アフマド」はムハンマド自身の異称の主要なひとつとされており、過去にムハンマドの出現を述べた予言や成人前のムハンマドなどの逸話でたびたび言及されている。アラビア語の意味的にも預言者ムハンマドに関するの逸話などからも大変縁起の良い名前であるため、ムスリムの男性名として非常に人気がある。発音のバリエーションはアフメド、アフメット、アハマドなど。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 151820 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54716834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アフマド(احمد Aḥmad)は、ムスリム(イスラム教徒)の男性名。もともとはアラビア語で「賞賛する」「称えられる」を意味する ḥ-m-d(ḥamada/ḥamida)の形容詞 ḥamīd の比較級・最上級形で「最も称讃された(者)」を意味する。ムハンマドと同語根の単語で、さらにハディースによれば「アフマド」はムハンマド自身の異称の主要なひとつとされており、過去にムハンマドの出現を述べた予言や成人前のムハンマドなどの逸話でたびたび言及されている。アラビア語の意味的にも預言者ムハンマドに関するの逸話などからも大変縁起の良い名前であるため、ムスリムの男性名として非常に人気がある。発音のバリエーションはアフメド、アフメット、アハマドなど。
rdfs:label
  • アフマド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of