Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アフガニスタン紛争(1978年 - 1989年)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入を行い、1989年に撤退するまでの期間を扱う。日本のメディアでは、ソ連軍の侵攻以降の局面はアフガニスタン侵攻などと呼ばれる事も多い。ソ連・アフガン戦争と呼んだ場合、アフガニスタンの反政府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、1979年の出兵から1989年の完全撤収まで約10年に及んだ。ソ連側は1万4000人を超える兵士が戦死し、アフガン側はその数倍の戦死者を出す結果となった。
dbpedia-owl:casualties
  • 312 (xsd:integer)
  • 1000 (xsd:integer)
  • 4000 (xsd:integer)
  • 9500 (xsd:integer)
  • 14453 (xsd:integer)
  • 18000 (xsd:integer)
  • 53753 (xsd:integer)
  • 75000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • ----
  • 25pxアフガニスタン民主共和国
  • ムジャーヒディーン
  • 援助国
dbpedia-owl:description
  • (ソ連の侵攻に対する抵抗運動の中心となったムジャーヒディーン)
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • アフガニスタン紛争 (1989年-2001年)へ継続。
  • ジュネーヴ協定によりソ連軍撤退。
dbpedia-owl:startDate
  • 1924-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:strength
  • 200,000–250,000
  • アフガニスタン軍 55,000
  • ソビエト連邦軍115,000
  • ムジャーヒディーン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58344153 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • ソ連・アフガン戦争
prop-ja:campaign
  • アフガニスタン紛争
prop-ja:caption
  • (ソ連の侵攻に対する抵抗運動の中心となったムジャーヒディーン)
prop-ja:casualties
  • アフガニスタン軍
  • ソ連軍
  • 合計:14,453
  • 戦傷死:4,000
  • 戦死:18,000
  • 戦死:75,000–90,000
  • 戦死:9,500
  • 病死・事故死:1,000
  • 行方不明:312
  • 負傷:53,753
  • 負傷者:75,000+(推定)
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
  • ムジャーヒディーン ---- 援助国
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
  • --12-24
prop-ja:place
  • アフガニスタン
prop-ja:result
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:strength
  • 200000 (xsd:integer)
  • アフガニスタン軍 55,000
  • ソビエト連邦軍 115,000
  • ムジャーヒディーン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アフガニスタン紛争(1978年 - 1989年)では、アフガニスタンで断続的に発生している紛争のうち、1978年に成立したアフガニスタン人民民主党政権に対するムジャーヒディーンの蜂起から、1979年にソビエト連邦が軍事介入を行い、1989年に撤退するまでの期間を扱う。日本のメディアでは、ソ連軍の侵攻以降の局面はアフガニスタン侵攻などと呼ばれる事も多い。ソ連・アフガン戦争と呼んだ場合、アフガニスタンの反政府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、1979年の出兵から1989年の完全撤収まで約10年に及んだ。ソ連側は1万4000人を超える兵士が戦死し、アフガン側はその数倍の戦死者を出す結果となった。
rdfs:label
  • アフガニスタン紛争 (1978年-1989年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ソ連・アフガン戦争
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:歴史 of
is foaf:primaryTopic of