Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アフォンソ4世(Afonso IV 発音: [ɐˈfõsu]、1291年2月8日 - 1357年5月28日)は、第7代ポルトガル王(在位:1325年 - 1357年)。ディニス1世と王妃イザベル・デ・アラゴンの子。1340年のサラードの戦いで負傷しながらも自ら剣を振るって戦ったため、「勇敢王」と呼ばれる。アフォンソ4世は隣国のカスティーリャ王国とイベリア半島のイスラーム勢力との抗争で多くの戦果を挙げた。一方でポルトガル経済の発展はアフォンソ4世の治世から停滞し、1348年秋のペストの流行によって人口の3分の1が失われた。息子ドン・ペドロと恋仲になった侍女イネス・デ・カストロを処刑したことで、倫理・国家的大義を遵守する厳格な王という印象を持たれている。イネスの処刑は後世の人間の非難の的にもなり、またイネスを題材とする多くの文学作品が制作された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 763575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53165753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アフォンソ4世(Afonso IV 発音: [ɐˈfõsu]、1291年2月8日 - 1357年5月28日)は、第7代ポルトガル王(在位:1325年 - 1357年)。ディニス1世と王妃イザベル・デ・アラゴンの子。1340年のサラードの戦いで負傷しながらも自ら剣を振るって戦ったため、「勇敢王」と呼ばれる。アフォンソ4世は隣国のカスティーリャ王国とイベリア半島のイスラーム勢力との抗争で多くの戦果を挙げた。一方でポルトガル経済の発展はアフォンソ4世の治世から停滞し、1348年秋のペストの流行によって人口の3分の1が失われた。息子ドン・ペドロと恋仲になった侍女イネス・デ・カストロを処刑したことで、倫理・国家的大義を遵守する厳格な王という印象を持たれている。イネスの処刑は後世の人間の非難の的にもなり、またイネスを題材とする多くの文学作品が制作された。
rdfs:label
  • アフォンソ4世 (ポルトガル王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of