Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アバターの受賞とノミネートの一覧では、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による2009年のアメリカのSF・叙事詩映画『アバター』の受賞とノミネートについて記述する。『アバター』は20世紀フォックスの配給で、2009年12月10日にロンドンでのプレミアが行われ、同年同月18日にアメリカ合衆国とカナダで公開された。3,461スクリーンで公開され、初日に約2700万ドル、公開週末で7700万ドルを稼ぎ、興行収入ランキングで1位となる。ロッテン・トマトの支持率は82%。歴代世界興行収入第1位であり、また史上初めて20億ドルを突破した作品である。『アバター』はアカデミー賞では9部門、ゴールデングローブ賞では4部門、英国アカデミー賞では8部門、放送映画批評家協会賞では9部門にノミネートされている。2009年12月、アメリカ映画協会は「2009年の重要な出来事」として本作を選んだ。2010年初頭、『タイム』誌の2000年代の映画ベストテンで第10位に選ばれた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2001938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58233428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アバターの受賞とノミネートの一覧では、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による2009年のアメリカのSF・叙事詩映画『アバター』の受賞とノミネートについて記述する。『アバター』は20世紀フォックスの配給で、2009年12月10日にロンドンでのプレミアが行われ、同年同月18日にアメリカ合衆国とカナダで公開された。3,461スクリーンで公開され、初日に約2700万ドル、公開週末で7700万ドルを稼ぎ、興行収入ランキングで1位となる。ロッテン・トマトの支持率は82%。歴代世界興行収入第1位であり、また史上初めて20億ドルを突破した作品である。『アバター』はアカデミー賞では9部門、ゴールデングローブ賞では4部門、英国アカデミー賞では8部門、放送映画批評家協会賞では9部門にノミネートされている。2009年12月、アメリカ映画協会は「2009年の重要な出来事」として本作を選んだ。2010年初頭、『タイム』誌の2000年代の映画ベストテンで第10位に選ばれた。
rdfs:label
  • アバターの受賞とノミネートの一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of