Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アニリン (aniline) はベンゼンの水素原子の一つをアミノ基で置換した構造を持つ、芳香族化合物のひとつ。示性式 C6H5NH2 で表される。分子量は 93.13、融点は −6 ℃、沸点は 184 ℃。アニリンはIUPAC命名法の許容慣用名であるが、系統名ではフェニルアミン (phenylamine) またはベンゼンアミン (benzenamine) となる。ほかに慣用名としてアミノベンゼン (aminobenzene) がある。
dbpedia-owl:imageSize
  • 100 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 122421 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57326443 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefilel
  • Aniline.svg
prop-ja:imagefiler
  • Aniline-3D-balls.png
prop-ja:imagenamel
  • Aniline
prop-ja:imagenamer
  • Aniline
prop-ja:imagesizel
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アニリン
prop-ja:othernames
  • アミノベンゼン
  • フェニルアミン
  • ベンゼンアミン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アニリン (aniline) はベンゼンの水素原子の一つをアミノ基で置換した構造を持つ、芳香族化合物のひとつ。示性式 C6H5NH2 で表される。分子量は 93.13、融点は −6 ℃、沸点は 184 ℃。アニリンはIUPAC命名法の許容慣用名であるが、系統名ではフェニルアミン (phenylamine) またはベンゼンアミン (benzenamine) となる。ほかに慣用名としてアミノベンゼン (aminobenzene) がある。
rdfs:label
  • アニリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アニリン
  • アミノベンゼン
  • フェニルアミン
  • ベンゼンアミン
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:専用種別 of
is foaf:primaryTopic of