Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アニマンタルクス(Animantarx 「生きた要塞」の意味)は白亜紀後期に現在の北アメリカ西部に生息していたノドサウルス科の曲竜類恐竜の属の一つである。他のノドサウルス類同様、ゆっくりと移動する四足歩行で草食動物で、装甲に覆われていたが尾の棍棒がない恐竜であった。頭骨は長さ約25 cmで、体長は3 m未満であったと推定される。属名はラテン語で「生きている」もしくは「生気のある」を意味するanimatusと「要塞」もしくは「砦」を意味するarxから構成されていて、装甲している特長にちなんだものである。特に、古生物学リチャード・スワン・ルルの「まるで生命をあたえられた砦のようだ、この動物は実質的に難攻不落だったに違いない」というコメントを参照している。タイプ種は唯一知られている種でもあるA. ramaljonesiで種小名は化石の発見者である Ramal Jones に献名されたものである。Ramal の妻、Carol Jones は近くで同時代の恐竜エオランビア(Eolambia)も発見している。
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2888557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4471 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 49 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52740569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:下位分類
  • ((タイプ種))
  • * A. ramaljonesi
prop-ja:下位分類名
prop-ja:下目
  • 曲竜下目
prop-ja:亜目
  • 装盾亜目
prop-ja:名称
  • アニマンタルクス
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • Animantarx
prop-ja:
  • アニマンタルクス属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 復元骨格
prop-ja:
  • †鳥盤目
prop-ja:省略
  • 恐竜上目
prop-ja:
  • ノドサウルス科
dc:description
  • 復元骨格
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アニマンタルクス(Animantarx 「生きた要塞」の意味)は白亜紀後期に現在の北アメリカ西部に生息していたノドサウルス科の曲竜類恐竜の属の一つである。他のノドサウルス類同様、ゆっくりと移動する四足歩行で草食動物で、装甲に覆われていたが尾の棍棒がない恐竜であった。頭骨は長さ約25 cmで、体長は3 m未満であったと推定される。属名はラテン語で「生きている」もしくは「生気のある」を意味するanimatusと「要塞」もしくは「砦」を意味するarxから構成されていて、装甲している特長にちなんだものである。特に、古生物学リチャード・スワン・ルルの「まるで生命をあたえられた砦のようだ、この動物は実質的に難攻不落だったに違いない」というコメントを参照している。タイプ種は唯一知られている種でもあるA. ramaljonesiで種小名は化石の発見者である Ramal Jones に献名されたものである。Ramal の妻、Carol Jones は近くで同時代の恐竜エオランビア(Eolambia)も発見している。
rdfs:label
  • アニマンタルクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 恐竜上目
  • アニマンタルクス
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of