Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アナフィラキシー(英: anaphylaxis)とは、ヒトや他の哺乳類で認められる、急性の全身性かつ重度なI型過敏症のアレルギー反応の一つ。ギリシャ語である「ανα ana(反抗して)」と「φύλαξις phylaxis(防御)」を語源とする。ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応を引き起こすことがある(アナフィラキシーショック)。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により惹起され得る。
dbpedia-owl:commonName
  • Anaphylaxis
dbpedia-owl:icd10
  • T78.2
dbpedia-owl:meshId
  • D000707
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1615095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58627355 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • アナフィラキシー患者の背中にできた発疹
prop-ja:diseasesdb
  • 29153 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • med
prop-ja:emedicinetopic
  • 128 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • T78.2
prop-ja:meshid
  • D000707
prop-ja:name
  • Anaphylaxis
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アナフィラキシー(英: anaphylaxis)とは、ヒトや他の哺乳類で認められる、急性の全身性かつ重度なI型過敏症のアレルギー反応の一つ。ギリシャ語である「ανα ana(反抗して)」と「φύλαξις phylaxis(防御)」を語源とする。ほんの僅かなアレルゲンが生死に関わるアナフィラキシー反応を引き起こすことがある(アナフィラキシーショック)。アナフィラキシーは、アレルゲンの摂取、皮膚への接触、注射や時に吸入により惹起され得る。
rdfs:label
  • Anaphylaxis
  • アナフィラキシー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of