Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 情報処理において、アドレス空間 (Address Space) とは、メモリアドレスが意味を成すコンテキストを定義したもの。あるいは、一連のメモリアドレスによってアクセス可能なメモリ空間を意味する。メモリアドレスはコンピュータのメモリ内の物理的位置を識別するものであり、住所とある意味で類似している。アドレスはデータが格納されている位置を指すが、それはちょうど人間の住所がその人の居住地を指すのと同じである。人間の住所とのアナロジーで言えば、「アドレス空間」とは、町や市や国といったある範囲の地域に対応すると考えることができる。2つのアドレスが数値的に同じでも、それぞれ異なるアドレス空間内のアドレスであれば、異なる位置を指していると言える。これは2つの市に「××町○丁目△-□」という住所が存在したとき、それらが別の場所を指すのと同じことである。アドレス空間の例:主記憶装置(物理メモリ)仮想メモリI/O ポート空間IPアドレス××町○丁目(番地 △-□ がアドレスに相当)○○○市××町(○丁目△-□ がアドレスに相当)仮想記憶方式のオペレーティングシステムは仮想メモリをカーネル空間とユーザ空間に分離する。カーネル空間はカーネルやデバイスドライバ走行のために厳密に確保される。カーネル空間とユーザー空間の区別はオペレーティングシステムやCPUアーキテクチャによって異なる。ユーザー空間を持たない実装もある(MS-DOS,NetWare3)。一般的な実装例として、ひとつの連続した仮想アドレス空間の特定のアドレスを境にして、ユーザー空間とカーネル空間を分離している場合が多い(Windows系OS,UNIX系OS)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 614122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58921894 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 情報処理において、アドレス空間 (Address Space) とは、メモリアドレスが意味を成すコンテキストを定義したもの。あるいは、一連のメモリアドレスによってアクセス可能なメモリ空間を意味する。メモリアドレスはコンピュータのメモリ内の物理的位置を識別するものであり、住所とある意味で類似している。アドレスはデータが格納されている位置を指すが、それはちょうど人間の住所がその人の居住地を指すのと同じである。人間の住所とのアナロジーで言えば、「アドレス空間」とは、町や市や国といったある範囲の地域に対応すると考えることができる。2つのアドレスが数値的に同じでも、それぞれ異なるアドレス空間内のアドレスであれば、異なる位置を指していると言える。これは2つの市に「××町○丁目△-□」という住所が存在したとき、それらが別の場所を指すのと同じことである。アドレス空間の例:主記憶装置(物理メモリ)仮想メモリI/O ポート空間IPアドレス××町○丁目(番地 △-□ がアドレスに相当)○○○市××町(○丁目△-□ がアドレスに相当)仮想記憶方式のオペレーティングシステムは仮想メモリをカーネル空間とユーザ空間に分離する。カーネル空間はカーネルやデバイスドライバ走行のために厳密に確保される。カーネル空間とユーザー空間の区別はオペレーティングシステムやCPUアーキテクチャによって異なる。ユーザー空間を持たない実装もある(MS-DOS,NetWare3)。一般的な実装例として、ひとつの連続した仮想アドレス空間の特定のアドレスを境にして、ユーザー空間とカーネル空間を分離している場合が多い(Windows系OS,UNIX系OS)。
rdfs:label
  • アドレス空間
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of