Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルイ・アドルフ・ティエール(フランス語: Louis Adolphe Thiers、 1797年4月16日 - 1877年9月3日)は、フランスの政治家・歴史家。首相を2回(在任:1836年2月22日 - 9月6日、1840年3月1日 - 10月29日)務め、フランスの2代大統領(第三共和政の初代大統領)(在任:1871年2月17日 - 1873年5月24日)を務めた。ブック=ベル=エール出身。大学卒業後に弁護士となった。その後、パリに出て自由主義に傾倒し、1814年の王政復古で成立していたブルボン朝の独裁的な政治を批判し、『フランス革命史』を著わして、一躍国民から名声を得た。1830年、七月革命でシャルル10世が追放されてブルボン朝が滅亡した後、オルレアン家のルイ・フィリップを国王に擁立して(七月王政)自身は財務次官、内相、そして首相となって活躍した。しかし、同じくルイ・フィリップのもとで首相として活躍したフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーとは対立し、これが後に七月王政が倒れる一因を成した。1848年、二月革命でオルレアン朝が滅んだ後、フランスの秩序回復を目的としてルイ・ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)を支持した。彼のもとでも政治家として活躍したが、まもなく対立して1851年のナポレオン3世の1851年12月2日のクーデターでフランスから追放されてしまった。1852年、ナポレオン3世から帰国を許されたために帰国した。帰国後はナポレオン3世から自身の補佐役として何度も招きを受けたが、ティエールはこれを拒絶して政界からの引退を表明し、史書の著作に専念するようになった。1869年から政界に復帰し、翌年2月の普仏戦争の最中にボルドー国民議会から行政長官に任じられた。そして普仏戦争でナポレオン3世がプロイセン王国に敗れて退位を余儀なくされた後、新たに成立した国防政府の代表となり、プロイセンとの徹底抗戦を主張する一方でプロイセンの首相・ビスマルクとの和平工作に尽力し、アルザス・ロレーヌの2州をドイツに割譲することで和睦を結んだ。その後、第三共和政期の初代大統領に選ばれたが、アルザスとロレーヌを割譲したことに怒ったパリの市民によりパリ・コミューンが創設され、一時的に政府をヴェルサイユに移してこれと戦い、勝利した。この戦いで、セーヌ川は赤く染まったと言われている。そしてティエールは大統領として、戦争で荒廃したフランスの復興を目指したが、政府内で王党派と急進的共和派の対立があって彼自身は政治を行なえず、1873年の国民議会の議決により、大統領辞任を余儀なくされてしまった。1877年、81歳で没した。ティエールは激動するフランスを生き抜いた政治家として評価されているが、どちらかというと歴史家としての評価の方が高い。代表的な著作として『執政政府と第一帝政の歴史』がある。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1877-09-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 234372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51612569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:id
  • Adolphe+Thiers
prop-ja:name
  • Adolphe Thiers
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1877年没
prop-ja:人名
  • ルイ・アドルフ・ティエール
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 国王
prop-ja:出生地
  • 、ブック=ベル=エール
prop-ja:各国語表記
  • Louis Adolphe Thiers
prop-ja:就任日
  • --02-17
  • --02-22
  • --03-01
  • --08-30
prop-ja:死没地
  • 、サン=ジェルマン=アン=レー
prop-ja:没年月日
  • 1877-09-03 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --04-16
prop-ja:画像
  • Adolphe Thiers.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:職名
  • 2 (xsd:integer)
  • 首相
  • 初代行政長官
prop-ja:退任日
  • --05-24
  • --08-30
  • --09-06
  • --10-29
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ルイ・アドルフ・ティエール(フランス語: Louis Adolphe Thiers、 1797年4月16日 - 1877年9月3日)は、フランスの政治家・歴史家。首相を2回(在任:1836年2月22日 - 9月6日、1840年3月1日 - 10月29日)務め、フランスの2代大統領(第三共和政の初代大統領)(在任:1871年2月17日 - 1873年5月24日)を務めた。ブック=ベル=エール出身。大学卒業後に弁護士となった。その後、パリに出て自由主義に傾倒し、1814年の王政復古で成立していたブルボン朝の独裁的な政治を批判し、『フランス革命史』を著わして、一躍国民から名声を得た。1830年、七月革命でシャルル10世が追放されてブルボン朝が滅亡した後、オルレアン家のルイ・フィリップを国王に擁立して(七月王政)自身は財務次官、内相、そして首相となって活躍した。しかし、同じくルイ・フィリップのもとで首相として活躍したフランソワ・ピエール・ギヨーム・ギゾーとは対立し、これが後に七月王政が倒れる一因を成した。1848年、二月革命でオルレアン朝が滅んだ後、フランスの秩序回復を目的としてルイ・ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン3世)を支持した。彼のもとでも政治家として活躍したが、まもなく対立して1851年のナポレオン3世の1851年12月2日のクーデターでフランスから追放されてしまった。1852年、ナポレオン3世から帰国を許されたために帰国した。帰国後はナポレオン3世から自身の補佐役として何度も招きを受けたが、ティエールはこれを拒絶して政界からの引退を表明し、史書の著作に専念するようになった。1869年から政界に復帰し、翌年2月の普仏戦争の最中にボルドー国民議会から行政長官に任じられた。そして普仏戦争でナポレオン3世がプロイセン王国に敗れて退位を余儀なくされた後、新たに成立した国防政府の代表となり、プロイセンとの徹底抗戦を主張する一方でプロイセンの首相・ビスマルクとの和平工作に尽力し、アルザス・ロレーヌの2州をドイツに割譲することで和睦を結んだ。その後、第三共和政期の初代大統領に選ばれたが、アルザスとロレーヌを割譲したことに怒ったパリの市民によりパリ・コミューンが創設され、一時的に政府をヴェルサイユに移してこれと戦い、勝利した。この戦いで、セーヌ川は赤く染まったと言われている。そしてティエールは大統領として、戦争で荒廃したフランスの復興を目指したが、政府内で王党派と急進的共和派の対立があって彼自身は政治を行なえず、1873年の国民議会の議決により、大統領辞任を余儀なくされてしまった。1877年、81歳で没した。ティエールは激動するフランスを生き抜いた政治家として評価されているが、どちらかというと歴史家としての評価の方が高い。代表的な著作として『執政政府と第一帝政の歴史』がある。
rdfs:label
  • アドルフ・ティエール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ルイ・アドルフ・ティエール
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:next of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of