Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アトロピン (Atropine) は、ヒヨスチアミン(Hyoscyamine)のラセミ体であり、化学式 C17H23NO3、分子量 289.37 のアルカロイド。主にナス科の植物に含まれる。CAS登録番号は 51-55-8。トロパン骨格を有し、オルニチンより生合成される。抗コリン作用を有する薬物である。具体的には、ムスカリン性アセチルコリン受容体を競合的に阻害することにより、副交感神経の作用を抑制し、胃腸管の運動抑制、心拍数の増大などの作用がある。また、有機リン剤中毒等の治療にも用いられ、地下鉄サリン事件での治療にも用いられた。米軍では神経ガスに曝露してしまった時にアトロピンを打つ事が規定されており、「各BC兵器のタイプ別の症状をイラスト化した」簡易マニュアルが配布されている。医薬品としては硫酸アトロピンとして用いられる。硫酸アトロピンは無色の結晶または白色の結晶性の粉末で、においはない。酢酸、エタノールに極めて溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。融点:188℃~194℃(分解)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 227399 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2596 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58328802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • A03
prop-ja:atcSuffix
  • BA01
prop-ja:bioavailability
  • 25.0
prop-ja:c
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • 10194105 (xsd:integer)
prop-ja:drugbank
  • APRD00807
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:excretion
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:image
  • Atropine-D-and-L-isomers-from-DL-xtal-2004-3D-balls.png
prop-ja:iupacName
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D00113
prop-ja:legalStatus
  • Rx only
prop-ja:metabolism
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:molecularWeight
  • 289.369000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyUs
  • C
prop-ja:pubchem
  • 174174 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口, IV, 直腸
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
  • 260 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アトロピン (Atropine) は、ヒヨスチアミン(Hyoscyamine)のラセミ体であり、化学式 C17H23NO3、分子量 289.37 のアルカロイド。主にナス科の植物に含まれる。CAS登録番号は 51-55-8。トロパン骨格を有し、オルニチンより生合成される。抗コリン作用を有する薬物である。具体的には、ムスカリン性アセチルコリン受容体を競合的に阻害することにより、副交感神経の作用を抑制し、胃腸管の運動抑制、心拍数の増大などの作用がある。また、有機リン剤中毒等の治療にも用いられ、地下鉄サリン事件での治療にも用いられた。米軍では神経ガスに曝露してしまった時にアトロピンを打つ事が規定されており、「各BC兵器のタイプ別の症状をイラスト化した」簡易マニュアルが配布されている。医薬品としては硫酸アトロピンとして用いられる。硫酸アトロピンは無色の結晶または白色の結晶性の粉末で、においはない。酢酸、エタノールに極めて溶けやすく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。融点:188℃~194℃(分解)。
rdfs:label
  • アトロピン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of