Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アトラス Vは、アメリカ合衆国で運用されている使い捨て型ロケット。21世紀初頭に運用が開始されたアトラス・ロケットシリーズの最新型である。アトラスVはロッキード・マーティンが運用していたが、2010年代現在はロッキード・マーティンとボーイングの合弁会社のユナイテッド・ローンチ・アライアンスが運営する。アトラスVはロシア製のケロシンと液体酸素を推進剤とするRD-180を第1段のロケットとして使用し、アメリカ製の液体水素と液体酸素を燃焼するRL-10を第2段のセントールで使用する。RD-180エンジンは RD AMROSS から供給され、RL-10はプラット&ホイットニー・ロケットダインから供給される。いくつかの仕様ではエアロジェット製の補助ロケットを第1段の周囲に使用する。ペイロード・フェアリングは直径が4または5mで3種類の長さがあり、Contravesが生産する。ロケットはアラバマ州ディケーター、テキサス州ハーリンジェン、カリフォルニア州サンディエゴとULAの本社近くのコロラド州デンバーで製造される。2012年6月時点の成功率はほぼ完璧に近い。2007年6月15日に打ち上げられたNROL-30は上段のセントールロケットの燃焼が予定よりも早く停止したために、2機の海洋偵察衛星は予定よりも低い軌道へ投入された。しかし、アメリカ国家偵察局(NRO)ではこの打ち上げは成功に分類されるとしている。アトラスVロケットの信頼性の高さを武器に、ロッキードマーチン社は2014年3月、業界で初めて、そして唯一、打上げが完全に失敗した場合の打上げ費用を100%補償あるいは再打ち上げするプログラムをアトラスVロケットに導入した。また米国政府の契約以外の打上げであれば、部分的なトラブルがあった場合も、費用の一部を払い戻しすることにした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1421124 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58815022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:altAltBoosterthrust
  • 933400 (xsd:integer)
prop-ja:altBoosterengines
  • RD-180:1基
prop-ja:altBoosterfuel
prop-ja:altBoostername
  • アトラスCCB
prop-ja:altBoosters
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:altBoostersi
  • 311 (xsd:integer)
prop-ja:altBoosterthrust
  • 285500 (xsd:integer)
  • 4,152 kN
prop-ja:altBoostertime
  • 253 (xsd:integer)
prop-ja:altDiameter
  • 12.49
prop-ja:altDiff
  • ヘビー仕様
prop-ja:altHeight
  • 191.2
prop-ja:altLeo
  • 21598 (xsd:integer)
prop-ja:altMass
  • 737400.0
prop-ja:altPayload
  • 10470 (xsd:integer)
prop-ja:altStage1thrust
  • 933400 (xsd:integer)
prop-ja:altStage2athrust
  • 41600 (xsd:integer)
prop-ja:altStage2thrust
  • 22300 (xsd:integer)
prop-ja:boosterengines
  • 固体燃料:1基
prop-ja:boosterfuel
  • 固体燃料
prop-ja:boostername
prop-ja:boosters
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:boostersi
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:boosterthrust
  • 1,270 kN
prop-ja:boostertime
  • 94 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • --08-12
prop-ja:countryOrigin
prop-ja:cpl
  • 401 (xsd:integer)
  • 18700 (xsd:integer)
prop-ja:diameter
  • 3.81 m
prop-ja:diff
  • ノーマル仕様
prop-ja:first
  • --01-19
  • --03-11
  • --04-20
  • --04-22
  • --07-17
  • --08-14
  • --08-21
  • --10-10
  • --11-26
prop-ja:function
prop-ja:height
  • 58.3 m
prop-ja:launches
  • 61 (xsd:integer)
  • (501:6回、521:2回、531:3回、541:3回、551: 6回)
  • (401:31回、411:3回、421:5回、431:2回)
prop-ja:leoPayload
  • 9797 (xsd:integer)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:mass
  • 334500.0
prop-ja:name
  • アトラス V
prop-ja:partial
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:payload
  • 4750 (xsd:integer)
prop-ja:payloadLocation
prop-ja:payloads
prop-ja:sites
prop-ja:stage1engines
  • RD-180:1基
prop-ja:stage1fuel
  • RP-1/LOX
prop-ja:stage1name
  • アトラスCCB
prop-ja:stage1si
  • 311 (xsd:integer)
prop-ja:stage1thrust
  • 4,152 kN
prop-ja:stage1time
  • 253 (xsd:integer)
prop-ja:stage2adiff
  • アトラス V XX2
prop-ja:stage2aengines
  • RL10A:2基
prop-ja:stage2afuel
  • LH2/LOX
prop-ja:stage2aname
  • セントール
prop-ja:stage2asi
  • 449 (xsd:integer)
prop-ja:stage2athrust
  • 147 kN
prop-ja:stage2atime
  • 421 (xsd:integer)
prop-ja:stage2diff
  • アトラス V XX1
prop-ja:stage2engines
  • RL10A または RL10C:1基
prop-ja:stage2fuel
  • LH2/LOX
prop-ja:stage2name
prop-ja:stage2si
  • 451 (xsd:integer)
prop-ja:stage2thrust
  • 99.2 kN
prop-ja:stage2time
  • 842 (xsd:integer)
prop-ja:stages
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • 運用中
prop-ja:success
  • 60 (xsd:integer)
  • (401:30回、411:3回、421:5回、431:2回)
  • (501:6回、521:2回、531:3回、541:3回、551:6回)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アトラス Vは、アメリカ合衆国で運用されている使い捨て型ロケット。21世紀初頭に運用が開始されたアトラス・ロケットシリーズの最新型である。アトラスVはロッキード・マーティンが運用していたが、2010年代現在はロッキード・マーティンとボーイングの合弁会社のユナイテッド・ローンチ・アライアンスが運営する。アトラスVはロシア製のケロシンと液体酸素を推進剤とするRD-180を第1段のロケットとして使用し、アメリカ製の液体水素と液体酸素を燃焼するRL-10を第2段のセントールで使用する。RD-180エンジンは RD AMROSS から供給され、RL-10はプラット&ホイットニー・ロケットダインから供給される。いくつかの仕様ではエアロジェット製の補助ロケットを第1段の周囲に使用する。ペイロード・フェアリングは直径が4または5mで3種類の長さがあり、Contravesが生産する。ロケットはアラバマ州ディケーター、テキサス州ハーリンジェン、カリフォルニア州サンディエゴとULAの本社近くのコロラド州デンバーで製造される。2012年6月時点の成功率はほぼ完璧に近い。2007年6月15日に打ち上げられたNROL-30は上段のセントールロケットの燃焼が予定よりも早く停止したために、2機の海洋偵察衛星は予定よりも低い軌道へ投入された。しかし、アメリカ国家偵察局(NRO)ではこの打ち上げは成功に分類されるとしている。アトラスVロケットの信頼性の高さを武器に、ロッキードマーチン社は2014年3月、業界で初めて、そして唯一、打上げが完全に失敗した場合の打上げ費用を100%補償あるいは再打ち上げするプログラムをアトラスVロケットに導入した。また米国政府の契約以外の打上げであれば、部分的なトラブルがあった場合も、費用の一部を払い戻しすることにした。
rdfs:label
  • アトラス V
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:carrierRocket of
is prop-ja:rockets of
is prop-ja:原型 of
is prop-ja:打上げ機 of
is foaf:primaryTopic of