Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アッパーカット(英語: Uppercut)は、ボクシングなどの格闘技で使われる基本的なパンチの一種で、肘を曲げたまま下から突き上げるように放つパンチをこう呼ぶ。単にアッパーとだけ呼ばれることもある。ボディにアッパーを打つこともあるが、アッパー、アッパーカットと表記すると、基本的に頭部に打つアッパーを指す。ほとんどの場合、相手の顎を狙うことが多い。顎にこのパンチを受けると、脳が揺れるため意識とは別に体が動かなくなり立っていることができなくなる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1232367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1281 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58859556 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アッパーカット(英語: Uppercut)は、ボクシングなどの格闘技で使われる基本的なパンチの一種で、肘を曲げたまま下から突き上げるように放つパンチをこう呼ぶ。単にアッパーとだけ呼ばれることもある。ボディにアッパーを打つこともあるが、アッパー、アッパーカットと表記すると、基本的に頭部に打つアッパーを指す。ほとんどの場合、相手の顎を狙うことが多い。顎にこのパンチを受けると、脳が揺れるため意識とは別に体が動かなくなり立っていることができなくなる。
rdfs:label
  • アッパーカット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of