Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アッティラ(Attila、406年? - 453年)は、フン族とその諸侯の王。中世ドイツの「ニーベルンゲンの歌」などの叙事詩ではエツェル(Etzel)の名で登場する。現在のロシア・東欧・ドイツを結ぶ大帝国を築き上げ、西方世界の「大王」を自称した。またローマ帝政末期に広がっていたキリスト教の信者からは「神の災い」や「神の鞭」と恐れられた。出自についてはフン族全体と同じく詳しくは分からないが、名前や風貌の伝承などからテュルク・モンゴル系民族に属すると思われる。434年に伯父である王ルーアの死後、兄ブレダとともにフン族の王となる。445年頃に共同統治者のブレダが死ぬと単独の王となった。アッティラはブルグンド族などのゲルマン系諸族を征服し、パンノニアに本拠を置いて東ローマ帝国への侵入を繰り返して、短期間でライン川、ドナウ川、カスピ海に渡る大帝国を築き上げた。451年、西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世の姉ホノリアからの求婚を口実にガリアへ侵入したがカタラウヌムで、ローマの将軍アエティウス指揮下の西ローマ=西ゴート連合軍と戦い敗れて撤退した。翌452年にイタリア半島へ侵攻して、ミラノ、アクイレイアなどの諸都市を陥れたが、教皇レオ1世の説得によって撤退した。アッティラの治世下で帝国は最盛期を迎えるが、453年自らの婚礼を祝う酒宴の席で急死する。死後、アッティラの息子たちの間で内紛が起き、フン帝国は瓦解した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 129422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58213291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alternativeNames
  • Scourge of God
prop-ja:dateOfBirth
  • 406 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfDeath
  • 453 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Attila the Hun
prop-ja:shortDescription
  • Khan of the :en:Huns from 434 until his death
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • アッティラ
prop-ja:出生日
  • 406 (xsd:integer)
prop-ja:君主号
  • フン族とその諸侯の王
prop-ja:在位
  • 434 (xsd:integer)
prop-ja:子女
prop-ja:死亡日
  • 453 (xsd:integer)
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Brogi, Carlo - n. 8227 - Certosa di Pavia - Medaglione sullo zoccolo della facciata.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 16 (xsd:integer)
  • チェルトーザ・ディ・パヴィーア修道院
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アッティラ(Attila、406年? - 453年)は、フン族とその諸侯の王。中世ドイツの「ニーベルンゲンの歌」などの叙事詩ではエツェル(Etzel)の名で登場する。現在のロシア・東欧・ドイツを結ぶ大帝国を築き上げ、西方世界の「大王」を自称した。またローマ帝政末期に広がっていたキリスト教の信者からは「神の災い」や「神の鞭」と恐れられた。出自についてはフン族全体と同じく詳しくは分からないが、名前や風貌の伝承などからテュルク・モンゴル系民族に属すると思われる。434年に伯父である王ルーアの死後、兄ブレダとともにフン族の王となる。445年頃に共同統治者のブレダが死ぬと単独の王となった。アッティラはブルグンド族などのゲルマン系諸族を征服し、パンノニアに本拠を置いて東ローマ帝国への侵入を繰り返して、短期間でライン川、ドナウ川、カスピ海に渡る大帝国を築き上げた。451年、西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世の姉ホノリアからの求婚を口実にガリアへ侵入したがカタラウヌムで、ローマの将軍アエティウス指揮下の西ローマ=西ゴート連合軍と戦い敗れて撤退した。翌452年にイタリア半島へ侵攻して、ミラノ、アクイレイアなどの諸都市を陥れたが、教皇レオ1世の説得によって撤退した。アッティラの治世下で帝国は最盛期を迎えるが、453年自らの婚礼を祝う酒宴の席で急死する。死後、アッティラの息子たちの間で内紛が起き、フン帝国は瓦解した。
rdfs:label
  • アッティラ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is foaf:primaryTopic of