Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アダリムマブ(adalimumab:ADA)とは遺伝子組換えによって作られたヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体製剤(医薬品)である。独BASF傘下の製薬会社であったKnoll AG(後に米アボット・ラボラトリーズが買収)が創製した。日本での販売名はヒュミラ®皮下注40mgシリンジ0.8mL(製造販売(輸入)元:アボットジャパン、販売元:エーザイ)。抗体成分である蛋白配列が完全ヒト由来であるため、先行のキメラ抗体製剤よりも理論的に生体適合性が高い(より過敏症を起こしにくい)とされる。剤型はプレフィルドシリンジであり、2週間に1回投与される。一定の条件を満たした患者においては自己投与も認められている。アダリムマブ等の免疫調節を作用機序とする生物学的製剤は従来のリウマチ治療薬に比べ全く異なる新しいアプローチとして高い治療効果を持つに至り、長年にわたり有効な治療法がなかった関節リウマチにおいて切り札的な治療法となった。しかし、一方でアダリムマブはヒトの免疫機構(細胞性免疫)の一部に関与するTNF-α(腫瘍壊死因子α)の生理活性を抑制する一種の免疫抑制剤であることから、投与中は特に細菌、真菌、ウイルスによる重篤な感染症(肺炎、結核、ウイルス性脳炎等)の発現に注意しながら使用することが重要である。また、アダリムマブ等の生物学的製剤は臨床使用(ヒトでの使用)が開始されてからまだ歴史が浅いため、今後、長期的な治療効果及び安全性データの集積が待たれるという点で未知の要素を残している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1408709 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2796 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58934369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • L04
prop-ja:atcSuffix
  • AB04
prop-ja:bioavailability
  • 64 (xsd:integer)
prop-ja:c
  • 6428 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 331731 (xsd:integer)
prop-ja:chembl
  • 1201580 (xsd:integer)
prop-ja:chemspiderid
  • NA
prop-ja:drugbank
  • DB00051
prop-ja:eliminationHalfLife
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:h
  • 9912 (xsd:integer)
prop-ja:kegg
  • D02597
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:mabType
  • mab
prop-ja:medlineplus
  • a603010
prop-ja:molecularWeight
  • 144190.300000 (xsd:double)
prop-ja:n
  • 1694 (xsd:integer)
prop-ja:o
  • 1987 (xsd:integer)
prop-ja:pregnancyAu
  • C
prop-ja:pregnancyUs
  • B
prop-ja:routesOfAdministration
prop-ja:s
  • 46 (xsd:integer)
prop-ja:source
  • u
prop-ja:target
prop-ja:tradename
  • ヒュミラ
prop-ja:type
  • mab
prop-ja:unii
  • FYS6T7F842
prop-ja:verifiedfields
  • changed
prop-ja:verifiedrevid
  • 477241856 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アダリムマブ(adalimumab:ADA)とは遺伝子組換えによって作られたヒト型抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体製剤(医薬品)である。独BASF傘下の製薬会社であったKnoll AG(後に米アボット・ラボラトリーズが買収)が創製した。日本での販売名はヒュミラ®皮下注40mgシリンジ0.8mL(製造販売(輸入)元:アボットジャパン、販売元:エーザイ)。抗体成分である蛋白配列が完全ヒト由来であるため、先行のキメラ抗体製剤よりも理論的に生体適合性が高い(より過敏症を起こしにくい)とされる。剤型はプレフィルドシリンジであり、2週間に1回投与される。一定の条件を満たした患者においては自己投与も認められている。アダリムマブ等の免疫調節を作用機序とする生物学的製剤は従来のリウマチ治療薬に比べ全く異なる新しいアプローチとして高い治療効果を持つに至り、長年にわたり有効な治療法がなかった関節リウマチにおいて切り札的な治療法となった。しかし、一方でアダリムマブはヒトの免疫機構(細胞性免疫)の一部に関与するTNF-α(腫瘍壊死因子α)の生理活性を抑制する一種の免疫抑制剤であることから、投与中は特に細菌、真菌、ウイルスによる重篤な感染症(肺炎、結核、ウイルス性脳炎等)の発現に注意しながら使用することが重要である。また、アダリムマブ等の生物学的製剤は臨床使用(ヒトでの使用)が開始されてからまだ歴史が浅いため、今後、長期的な治療効果及び安全性データの集積が待たれるという点で未知の要素を残している。
rdfs:label
  • アダリムマブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of