Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アダムスブリッジ (Adam’s Bridge) は、インドとスリランカの間のポーク海峡にある、石灰岩でできた砂州と浅瀬の連なりである。ラーマズブリッジ (Rama’s Bridge) とも。7つの小島が橋脚のように点在する。103のサンゴ礁からなり、地質学的成因は未解明である。長さ48kmで、北のポーク海峡と南のマンナール湾を隔てる。水深は1~10mで、船舶の航行を困難にしている。記録によると1480年のサイクロンで壊される前は非常に浅く、歩いて渡ることが出来たという。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1041323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1576 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56220850 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 9.121 79.5217
rdf:type
rdfs:comment
  • アダムスブリッジ (Adam’s Bridge) は、インドとスリランカの間のポーク海峡にある、石灰岩でできた砂州と浅瀬の連なりである。ラーマズブリッジ (Rama’s Bridge) とも。7つの小島が橋脚のように点在する。103のサンゴ礁からなり、地質学的成因は未解明である。長さ48kmで、北のポーク海峡と南のマンナール湾を隔てる。水深は1~10mで、船舶の航行を困難にしている。記録によると1480年のサイクロンで壊される前は非常に浅く、歩いて渡ることが出来たという。
rdfs:label
  • アダムスブリッジ
owl:sameAs
geo:lat
  • 9.121000 (xsd:float)
geo:long
  • 79.521698 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of