Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アダマンタン (adamantane) は、10個の炭素がダイヤモンドの構造と同様に配置されている、かご型の分子である。化学式はC10H16、分子量は136.23。融点は270 °C。CAS登録番号は [281-23-2]。名称はダイヤモンドに相当するギリシャ語の "adamas" から名づけられたものである。単体は無色透明の結晶性固体で、樟脳様の臭気を有する。各炭素の結合角がsp3炭素の本来の角度(約109.5度)を成しているため全くひずみのない構造で、このため極めて安定である。対称性が高いため融点が高く、長らく炭化水素の高融点記録を保持していた。1933年、チェコスロバキア産の原油から発見された。発見前の1924年にはデッカーにより存在の可能性が示唆されており、彼はこの物質を「デカテルペン (decaterpene)」と呼んでいた。ジシクロペンタジエンから合成され、アダマンタン誘導体はフォトレジストや医薬品などの用途がある。
dbpedia-owl:imageSize
  • 110 (xsd:integer)
  • 130 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • アダマンタン(優先IUPAC名)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 520989 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58521637 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Adamantane acsv.svg
  • Adamantane.JPG
prop-ja:imagefilel
  • Adamantane-3D-balls.png
prop-ja:imagefiler
  • Adamantane-3D-vdW.png
prop-ja:imagename
  • Adamantane crystals
prop-ja:imagenamer
  • Ball-and-stick model
prop-ja:imagesize
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizel
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:imagesizer
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • アダマンタン(優先IUPAC名)
prop-ja:othernames
  • Tricyclo[3.3.1.13,7]decane
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アダマンタン (adamantane) は、10個の炭素がダイヤモンドの構造と同様に配置されている、かご型の分子である。化学式はC10H16、分子量は136.23。融点は270 °C。CAS登録番号は [281-23-2]。名称はダイヤモンドに相当するギリシャ語の "adamas" から名づけられたものである。単体は無色透明の結晶性固体で、樟脳様の臭気を有する。各炭素の結合角がsp3炭素の本来の角度(約109.5度)を成しているため全くひずみのない構造で、このため極めて安定である。対称性が高いため融点が高く、長らく炭化水素の高融点記録を保持していた。1933年、チェコスロバキア産の原油から発見された。発見前の1924年にはデッカーにより存在の可能性が示唆されており、彼はこの物質を「デカテルペン (decaterpene)」と呼んでいた。ジシクロペンタジエンから合成され、アダマンタン誘導体はフォトレジストや医薬品などの用途がある。
rdfs:label
  • アダマンタン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Tricyclo[3.3.1.13,7]decane
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of