Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アゼルバイジャンの国章(アゼルバイジャンのこくしょう)は、伝統的なデザインと近代的なデザインを組み合わせて作られている。エンブレムの中心部には火のシンボルが描かれている。このシンボルは、アゼルバイジャンにはいくつもの永遠の火があり、「火の国」とも呼ばれるところから来ている。エンブレムを構成する色は、アゼルバイジャンの国旗の色である。これらの色は、八芒星Rub el Hizbの後ろに表れている。八芒星はテュルクの8つの部族を象徴している。エンブレムの下には、国家の主要農作物であるコムギの茎とオークが描かれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1694681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58966095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:armiger
prop-ja:imageWidth
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アゼルバイジャンの国章
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アゼルバイジャンの国章(アゼルバイジャンのこくしょう)は、伝統的なデザインと近代的なデザインを組み合わせて作られている。エンブレムの中心部には火のシンボルが描かれている。このシンボルは、アゼルバイジャンにはいくつもの永遠の火があり、「火の国」とも呼ばれるところから来ている。エンブレムを構成する色は、アゼルバイジャンの国旗の色である。これらの色は、八芒星Rub el Hizbの後ろに表れている。八芒星はテュルクの8つの部族を象徴している。エンブレムの下には、国家の主要農作物であるコムギの茎とオークが描かれている。
rdfs:label
  • アゼルバイジャンの国章
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:insigniacaption of
is foaf:primaryTopic of