Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アゼルスタン(英語Athelstan, Æthelstan, 古英語Æðelstan, 895年 - 939年10月27日)はイングランドのサクソン系の王(在位:924年8月2日 - 939年10月27日)。エドワード長兄王の長男。弟エルフウェルドの死後、王位を継承した。ウェドモーアの和議以降デーン人に支配されていたデーンロウを奪還し、そのイングランド化を図った。そのこともあって、アゼルスタンの治世にイングランドの政治的統一が進んだ。外交上はザクセンと結び、異母妹エドギタをザクセン大公・ドイツ王ハインリヒの継嗣オットーと婚姻させた。 937年にBrunanburhの戦いに勝利した。生涯独身で子はなかったため、弟のエドマンド1世が後を継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 470903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 754 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54612616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アゼルスタン(英語Athelstan, Æthelstan, 古英語Æðelstan, 895年 - 939年10月27日)はイングランドのサクソン系の王(在位:924年8月2日 - 939年10月27日)。エドワード長兄王の長男。弟エルフウェルドの死後、王位を継承した。ウェドモーアの和議以降デーン人に支配されていたデーンロウを奪還し、そのイングランド化を図った。そのこともあって、アゼルスタンの治世にイングランドの政治的統一が進んだ。外交上はザクセンと結び、異母妹エドギタをザクセン大公・ドイツ王ハインリヒの継嗣オットーと婚姻させた。 937年にBrunanburhの戦いに勝利した。生涯独身で子はなかったため、弟のエドマンド1世が後を継いだ。
rdfs:label
  • アゼルスタン (イングランド王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of