Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アセトアルデヒド脱水素酵素(アセトアルデヒドだっすいそこうそ、ALDH; EC 1.2.1.10)は、摂取したエチルアルコールの代謝によって生じるアセトアルデヒドを、酢酸に分解する代謝酵素。アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼとも。アルデヒド脱水素酵素の一種。飲酒により体内に入ったエチルアルコールは、胃や小腸から吸収され肝臓内のアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドへと分解される(式1)。アセトアルデヒド脱水素酵素は肝臓内においてアセトアルデヒドを酢酸に分解する酵素である(式2)。 CH3CH2OH + NAD+ → CH3CHO + NADH + H+ …… (1) NAD+ : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの酸化型 NADH : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの還元型 CH3CHO + NAD+ CoA → + acetyl-CoA + NADH + H+ …… (2) CoA : 補酵素A acetyl-CoA :アセチル補酵素A、補酵素Aと酢酸が結合した物質こののち、酢酸はさらに二酸化炭素と水に分解され、最終的に体外へと排出される。
dbpedia-owl:casNumber
  • 9028-91-5
dbpedia-owl:ecNumber
  • 1.2.1.10
  • 1/2/1/10
dbpedia-owl:pdb
  • AcetaldehydeDehydrogenase-1NVM.png
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 467251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51875926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:casNumber
  • 9028 (xsd:integer)
prop-ja:ecNumber
  • 1.200000 (xsd:double)
prop-ja:goCode
  • 8774 (xsd:integer)
prop-ja:iubmbEcNumber
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • アセトアルデヒド脱水素酵素
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dc:description
  • Pseudomonas sp.のアセトアルデヒド脱水素酵素の結晶学的構造.
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アセトアルデヒド脱水素酵素(アセトアルデヒドだっすいそこうそ、ALDH; EC 1.2.1.10)は、摂取したエチルアルコールの代謝によって生じるアセトアルデヒドを、酢酸に分解する代謝酵素。アセトアルデヒドデヒドロゲナーゼとも。アルデヒド脱水素酵素の一種。飲酒により体内に入ったエチルアルコールは、胃や小腸から吸収され肝臓内のアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドへと分解される(式1)。アセトアルデヒド脱水素酵素は肝臓内においてアセトアルデヒドを酢酸に分解する酵素である(式2)。 CH3CH2OH + NAD+ → CH3CHO + NADH + H+ …… (1) NAD+ : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの酸化型 NADH : ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの還元型 CH3CHO + NAD+ CoA → + acetyl-CoA + NADH + H+ …… (2) CoA : 補酵素A acetyl-CoA :アセチル補酵素A、補酵素Aと酢酸が結合した物質こののち、酢酸はさらに二酸化炭素と水に分解され、最終的に体外へと排出される。
rdfs:label
  • アセトアルデヒド脱水素酵素
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アセトアルデヒド脱水素酵素
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of