Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アセチレン (acetylene) は炭素数が2のアルキンである。IUPAC系統名はエチン ethyne、分子式は C2H2である。1836年にイギリスのエドモンド・デービーによって発見され、水素と炭素の化合物であるとされた。1860年になってマルセラン・ベルテロが再発見し、「アセチレン」と命名した。アルキンのうち工業的に最も重要なものである。酸素と混合し、完全燃焼させた場合の炎の温度は3,330 °Cにも及ぶため、その燃焼熱を目的として金属加工工場などで多く使われる。高圧ガス保安法により、常用の温度で圧力が0.2 MPa以上になるもので、現に0.2 MPa以上のもの、または、15 °Cで0.2 MPa以上となるものである場合、褐色のボンベに保管することが定められている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • Ethyne
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 21292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6020 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58835654 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Acetylene-3D-vdW.png
  • Acetylene-CRC-IR-3D-balls.png
  • Acetylene-CRC-IR-dimensions-2D.png
prop-ja:imagename
  • Acetylene
  • Acetylene - space-filling model
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • Ethyne
prop-ja:systematicname
  • Acetylene
prop-ja:verifiedrevid
  • 443366794 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アセチレン (acetylene) は炭素数が2のアルキンである。IUPAC系統名はエチン ethyne、分子式は C2H2である。1836年にイギリスのエドモンド・デービーによって発見され、水素と炭素の化合物であるとされた。1860年になってマルセラン・ベルテロが再発見し、「アセチレン」と命名した。アルキンのうち工業的に最も重要なものである。酸素と混合し、完全燃焼させた場合の炎の温度は3,330 °Cにも及ぶため、その燃焼熱を目的として金属加工工場などで多く使われる。高圧ガス保安法により、常用の温度で圧力が0.2 MPa以上になるもので、現に0.2 MPa以上のもの、または、15 °Cで0.2 MPa以上となるものである場合、褐色のボンベに保管することが定められている。
rdfs:label
  • アセチレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of