Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アズール(Azur)はドイツ初の人工衛星。ヴァンアレン帯、太陽粒子、オーロラ研究科学衛星。1965年7月17日、NASAとBMwF(Bundesministerium fur Wissenschaftliche Forschung)との間で地球放射を調べるためにドイツの人工衛星を軌道に投入する共同プロジェクトを開始する基本合意書が結ばれた。NASAはスカウトロケットを提供し、打ち上げ、トラッキング、データ取得と共に、GMwF職員の養成も行うことになった。1966年6月、NASAはGRS-A(German Research Satellite-A)の設計を行い、1968年にBMwFは人工衛星の名前としてアズール(Azur)を採用した。1969年11月8日にスカウトによってヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。軌道投入から約24時間後、コマンドシステムが不安定になり、通信が途切れ途切れになりながらも任務を続けた。1969年12月8日、テープレコーダが故障した。しかし故障する前にドイツ側は予定していたデータの85-90%はすでに収得済みと推定した。衛星のテレメトリーシステムが故障する1970年7月初めまで、全ての実験は通常通り行われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2127726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1614 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58841629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • Azur
prop-ja:周回対象
  • 地球
prop-ja:国際標識番号
  • 1969 (xsd:integer)
prop-ja:打上げ日時
  • 1969-11-08 (xsd:date)
  • 6900.0
prop-ja:打上げ機
  • Scout
prop-ja:物理的特長
  • 物理的特長
prop-ja:状態
  • 運用終了
prop-ja:画像
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:質量
  • 71.0
prop-ja:軌道傾斜角
  • 102.900000 (xsd:double)
prop-ja:軌道周期
  • 122 (xsd:integer)
prop-ja:軌道要素
  • 軌道要素
prop-ja:近点高度
  • 387.0
prop-ja:遠点高度
  • 3150.0
prop-ja:離心率
  • 0.169000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アズール(Azur)はドイツ初の人工衛星。ヴァンアレン帯、太陽粒子、オーロラ研究科学衛星。1965年7月17日、NASAとBMwF(Bundesministerium fur Wissenschaftliche Forschung)との間で地球放射を調べるためにドイツの人工衛星を軌道に投入する共同プロジェクトを開始する基本合意書が結ばれた。NASAはスカウトロケットを提供し、打ち上げ、トラッキング、データ取得と共に、GMwF職員の養成も行うことになった。1966年6月、NASAはGRS-A(German Research Satellite-A)の設計を行い、1968年にBMwFは人工衛星の名前としてアズール(Azur)を採用した。1969年11月8日にスカウトによってヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。軌道投入から約24時間後、コマンドシステムが不安定になり、通信が途切れ途切れになりながらも任務を続けた。1969年12月8日、テープレコーダが故障した。しかし故障する前にドイツ側は予定していたデータの85-90%はすでに収得済みと推定した。衛星のテレメトリーシステムが故障する1970年7月初めまで、全ての実験は通常通り行われた。
rdfs:label
  • アズール (人工衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of