Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アスカリドール (ascaridole) は天然に存在する有機化合物の一種で、モノテルペンに分類される。アスカリドールのようにペルオキシド構造を持つ天然物は少ない。アカザ属の植物、特にアリタソウ (Chenopodium ambrosioides) の精油の主成分である。無色の液体で、ほとんどの有機溶媒に可溶である。他の低分子量の有機過酸化物(ペルオキシド)と同じく、不安定であり、加熱あるいは有機酸で処理すると爆発しやすい。線虫を駆除するための薬(虫下し)として使われる。
dbpedia-owl:casNumber
  • 512-85-6
dbpedia-owl:iupacName
  • 1-イソプロピル-4-メチル-2,3-ジオキサビシクロ[2.2.2]オクタ-5-エン(系統名)
  • 1,4-エピジオキシ-p-メンタ-2-エン(許容慣用名より誘導)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1471698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1550 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48316383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 512 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 1 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C10H16O2
prop-ja:分子量
  • 168.230000 (xsd:double)
prop-ja:密度
  • 1.010300 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:沸点
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:沸点注
  • /0.2 mmHg
prop-ja:融点
  • 3.300000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アスカリドール (ascaridole) は天然に存在する有機化合物の一種で、モノテルペンに分類される。アスカリドールのようにペルオキシド構造を持つ天然物は少ない。アカザ属の植物、特にアリタソウ (Chenopodium ambrosioides) の精油の主成分である。無色の液体で、ほとんどの有機溶媒に可溶である。他の低分子量の有機過酸化物(ペルオキシド)と同じく、不安定であり、加熱あるいは有機酸で処理すると爆発しやすい。線虫を駆除するための薬(虫下し)として使われる。
rdfs:label
  • アスカリドール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of