Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アジアテック(Asiatech)は、2001年と2002年にF1に参戦していたレーシングエンジンビルダー、アジア・モーター・テクノロジーズ・フランス (Asia Motor Technologies France) の商号。日本の民間資本を元にジョン・ゲイノーとエンリケ・スカラブローニが設立、2000年シーズンの終わりに撤退したプジョーのF1エンジンプログラムを引き継いだ。その計画はトップレベルのヨーロッパのエンジン技術をアジアが習得し、アジアメインのF1チームを創設することであった。同社はスタッフを170名から220名まで増やし、オリジナルシャシーの風洞モデルを開発、2001年はアロウズ、2002年はミナルディにエンジンを供給していたが、スポンサーからの資金が途絶えるとスタッフと設備をプジョーに返却、2002年シーズンの終わりと共に消滅した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 370997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59186788 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アジアテック(Asiatech)は、2001年と2002年にF1に参戦していたレーシングエンジンビルダー、アジア・モーター・テクノロジーズ・フランス (Asia Motor Technologies France) の商号。日本の民間資本を元にジョン・ゲイノーとエンリケ・スカラブローニが設立、2000年シーズンの終わりに撤退したプジョーのF1エンジンプログラムを引き継いだ。その計画はトップレベルのヨーロッパのエンジン技術をアジアが習得し、アジアメインのF1チームを創設することであった。同社はスタッフを170名から220名まで増やし、オリジナルシャシーの風洞モデルを開発、2001年はアロウズ、2002年はミナルディにエンジンを供給していたが、スポンサーからの資金が途絶えるとスタッフと設備をプジョーに返却、2002年シーズンの終わりと共に消滅した。
rdfs:label
  • アジアテック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of