Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アサージ・ヴェントレス (Asajj Ventress) は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズのアニメ作品『スター・ウォーズ クローン大戦』及びスピンオフ作品に登場する架空の人物。禿頭の女性。声は『スター・ウォーズ クローン大戦』ではグレイ・デライルが、CGアニメ『スター・ウォーズ クローンウォーズ』ではニカ・フッターマンが担当。日本語版は共に磯辺万沙子。銀河共和国辺境の惑星ダソミアで誕生するが、彼女の部族がある犯罪者から保護を受けるための条件としてアサージの母親はその犯罪者に幼少期のアサージを引き渡すことを余儀なくされ、その後経緯は不明だが何らかの目的でラタータックへ里子に出される(そのため彼女は一般的にはラタータックに住むラタータッキという種族として認識されている)。戦乱の絶えないラタータックでの生活は悲惨で、その上ごく幼い頃に両親を殺害されて天涯孤独の身となった。生きるためになりふり構わず死にもの狂いの毎日を送っていたが、ラタータックを訪れた元ジェダイ騎士、カイ・ナレックとの出会いが彼女の運命を変えた。フォースの片鱗を見せていた彼女に、ナレックはジェダイの技を伝授した。不毛の惑星で生きる不幸な彼女に生きる術を与えるがための修行であったが、肝心のジェダイの精神を授ける前にナレックは盗賊に襲撃され殺害される。ラタータックの情勢を省みない共和国や師匠を追放したジェダイ評議会を恨みつつ、アサージはその歪んだ憎悪を持ったままジェダイの能力を身に着けた、最強の野獣となってしまった。この時点で彼女はいわゆる「ダーク・ジェダイ」(ダークサイドに堕ちたジェダイ)となったのだが、かつてジェダイを凌駕する力を誇り銀河に君臨した「シス」の存在を知った彼女は、自らがシスの精神を継ぐ者と意識し、シスらしい黒衣に身を包みシス卿を名乗ってラタータックでその頭角を現していった。クローン戦争において有能な戦士を銀河中からスカウトしていた分離主義勢力のリーダー、ドゥークー伯爵はラタータックの闘技場を訪れた。自分を売り込む絶好の機会だと考えたアサージはこの闘技大会に参加。圧倒的なフォースの力とライトセーバーの腕を披露し、ドゥークー伯爵の知見を得た。しかし自分が「シス」と名乗って誇っていた力は本当のシス卿であるドゥークー伯爵に対して全く歯が立たないことを知り、ドゥークーとその師匠であるダース・シディアスに忠誠を誓い、シスの戦士として戦いに身を投じる決意を固めた。やがてアサージは分離主義勢力軍の司令官に抜擢され、銀河各地の戦闘を指揮した。特にオビ=ワン・ケノービ将軍が指揮する共和国クローン軍との戦闘に多く参戦し、一時はオビ=ワンを捕虜として捕らえることにも成功した(その後脱走されている)。戦いを有利にするため共和国軍を指揮するジェダイ騎士団から切り崩す戦略を進め、オビ=ワンを味方に引き入れようと誘惑したほか、多くのジェダイ騎士の首に賞金を掛けて、ダージを始めとする共和国中の賞金稼ぎ達の力を利用した。惑星ヤヴィンの衛星「ヤヴィン4」でジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーと対決、一時は優位に立ったがダークサイドの力を解放したアナキンに敗北し、瀕死のところをドゥークー伯爵に助け出された。ドゥークー伯爵に捕らえられていたオビ=ワンとアナキンに船内で再びまみえたアサージは、その憎悪の限りをぶつけて決闘に臨んだが、既にドゥークーは彼女を見限っていた。ジェダイ屈指の二人の戦士を牽制するだけの力しかなく、逃走するドゥークー伯爵とグリーヴァス将軍の盾にされて結局は味方に銃撃された。そして、アサージの過去を知り、自分を助けようとしているオビ=ワンを前にしてジェダイに対する長年の恨みも消え「コルサントを守りなさい」と言い残し息を引き取った。オビ=ワンは彼女をコルサントでジェダイの作法に則り火葬するよう申し出たが、彼女の遺体を載せた宇宙船は行方不明となった。後の調査でアサージは死なずに仮死状態に陥っただけで、復活したアサージは宇宙船を奪い何処かへ消えた事が分かった。ドゥークーはアサージの忠誠に対する証として二本のシス・ライトセーバーを授けた。この二本のライトセーバーは柄の尾部を接合させることにより両刃のライトセーバー(ダース・モールが所持したものと似ているが彼のセーバーは分離・接合機能がなく一本で片刃・両刃の切り替えが出来る)となる。これは扱いが非常に難しく、ドゥークーがアサージの実力を高く評価していたことを示している。しかしシスは一度に「師匠=弟子」の二人しか存在してはならない掟のため、彼女が本当のシスの修行を受けシス卿と認められることは無かった。『エピソード3/シスの復讐』におけるアナキンの顔の傷は、アサージが最後の戦いで付けたものである。手強い彼女を倒すために憎悪の力の助けを借りたアナキンは、急速にフォースの暗黒面に堕ちていくことになる。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』でも登場を果たし、劇場版ではクローン大戦の帰趨を担うハットスペースの航行権を狙った陰謀達成のためにアナキンやアソーカの前に立ちふさがる、トイダリアンの君主であるカトゥーンコを独立星系連合に迎え入れるために交渉にやってきたヨーダを襲撃し独立星系連合の戦闘力の高さを証明したり、ドロイド軍を率いてジェダイと戦っている。『クローン・ウォーズ』のシーズン3では、アサージの急激な成長が自分自身の驚異になると憂慮したダース・シディアスの命令を受けたドゥークーに殺されかける。辛うじて生き残るとドゥークーへの復讐を胸に故郷のダソミアのナイトシスターの氏族に援助を求めることになる。アサージが属する氏族の指導者であるマスター・タルジンは同じ氏族の者を殺そうとしたドゥークーへの復讐を支援するために二人のナイトシスターをアサージに同行させ、アサージとその仲間のナイトシスターは魔法というフォース能力の産物による布で姿を隠してライトセーバーでジェダイの仕業に見せかけながらドゥークーを襲撃するもののドゥークーの力の前では意味がなく追いつめるものの逃走することになってしまう。この際敵を視認できなかったドゥークーがジェダイの犯行と考えたために協力関係にあったナイトシスターのマスター・タルジンに新しい弟子の補充を要請するが、ヴェントレスの氏族の長であったためにこれを利用しての復讐をもくろむことになる。アサージは、自分自身で選び抜いたナイトブラザーというザブラクの一派でダース・モールの弟サヴァージ・オプレスを選びマスター・タルジンの魔法によって肉体や精神を強化し洗脳を施したうえでドゥークーの元へと送り込み時期が来たら彼とともにドゥークーを襲撃するつもりだったのだ。だが、この目論見は洗脳に対してサヴァージ・オプレスがヴェントレスに見限られたことが元でドゥークーとヴェントレスの二人を殺そうとしたために失敗し、二人は逃走することになる。その後は賞金稼ぎに身をやつし、ボバ・フェットのチームに参加して戦ったり、サヴァージ・オプレスに掛けられた賞金を狙ってオビ=ワン・ケノービとも共闘した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 303392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58373397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:物語世界内の観点
  • 2014 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アサージ・ヴェントレス (Asajj Ventress) は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズのアニメ作品『スター・ウォーズ クローン大戦』及びスピンオフ作品に登場する架空の人物。禿頭の女性。声は『スター・ウォーズ クローン大戦』ではグレイ・デライルが、CGアニメ『スター・ウォーズ クローンウォーズ』ではニカ・フッターマンが担当。日本語版は共に磯辺万沙子。銀河共和国辺境の惑星ダソミアで誕生するが、彼女の部族がある犯罪者から保護を受けるための条件としてアサージの母親はその犯罪者に幼少期のアサージを引き渡すことを余儀なくされ、その後経緯は不明だが何らかの目的でラタータックへ里子に出される(そのため彼女は一般的にはラタータックに住むラタータッキという種族として認識されている)。戦乱の絶えないラタータックでの生活は悲惨で、その上ごく幼い頃に両親を殺害されて天涯孤独の身となった。生きるためになりふり構わず死にもの狂いの毎日を送っていたが、ラタータックを訪れた元ジェダイ騎士、カイ・ナレックとの出会いが彼女の運命を変えた。フォースの片鱗を見せていた彼女に、ナレックはジェダイの技を伝授した。不毛の惑星で生きる不幸な彼女に生きる術を与えるがための修行であったが、肝心のジェダイの精神を授ける前にナレックは盗賊に襲撃され殺害される。ラタータックの情勢を省みない共和国や師匠を追放したジェダイ評議会を恨みつつ、アサージはその歪んだ憎悪を持ったままジェダイの能力を身に着けた、最強の野獣となってしまった。この時点で彼女はいわゆる「ダーク・ジェダイ」(ダークサイドに堕ちたジェダイ)となったのだが、かつてジェダイを凌駕する力を誇り銀河に君臨した「シス」の存在を知った彼女は、自らがシスの精神を継ぐ者と意識し、シスらしい黒衣に身を包みシス卿を名乗ってラタータックでその頭角を現していった。クローン戦争において有能な戦士を銀河中からスカウトしていた分離主義勢力のリーダー、ドゥークー伯爵はラタータックの闘技場を訪れた。自分を売り込む絶好の機会だと考えたアサージはこの闘技大会に参加。圧倒的なフォースの力とライトセーバーの腕を披露し、ドゥークー伯爵の知見を得た。しかし自分が「シス」と名乗って誇っていた力は本当のシス卿であるドゥークー伯爵に対して全く歯が立たないことを知り、ドゥークーとその師匠であるダース・シディアスに忠誠を誓い、シスの戦士として戦いに身を投じる決意を固めた。やがてアサージは分離主義勢力軍の司令官に抜擢され、銀河各地の戦闘を指揮した。特にオビ=ワン・ケノービ将軍が指揮する共和国クローン軍との戦闘に多く参戦し、一時はオビ=ワンを捕虜として捕らえることにも成功した(その後脱走されている)。戦いを有利にするため共和国軍を指揮するジェダイ騎士団から切り崩す戦略を進め、オビ=ワンを味方に引き入れようと誘惑したほか、多くのジェダイ騎士の首に賞金を掛けて、ダージを始めとする共和国中の賞金稼ぎ達の力を利用した。惑星ヤヴィンの衛星「ヤヴィン4」でジェダイ騎士アナキン・スカイウォーカーと対決、一時は優位に立ったがダークサイドの力を解放したアナキンに敗北し、瀕死のところをドゥークー伯爵に助け出された。ドゥークー伯爵に捕らえられていたオビ=ワンとアナキンに船内で再びまみえたアサージは、その憎悪の限りをぶつけて決闘に臨んだが、既にドゥークーは彼女を見限っていた。ジェダイ屈指の二人の戦士を牽制するだけの力しかなく、逃走するドゥークー伯爵とグリーヴァス将軍の盾にされて結局は味方に銃撃された。そして、アサージの過去を知り、自分を助けようとしているオビ=ワンを前にしてジェダイに対する長年の恨みも消え「コルサントを守りなさい」と言い残し息を引き取った。オビ=ワンは彼女をコルサントでジェダイの作法に則り火葬するよう申し出たが、彼女の遺体を載せた宇宙船は行方不明となった。後の調査でアサージは死なずに仮死状態に陥っただけで、復活したアサージは宇宙船を奪い何処かへ消えた事が分かった。ドゥークーはアサージの忠誠に対する証として二本のシス・ライトセーバーを授けた。この二本のライトセーバーは柄の尾部を接合させることにより両刃のライトセーバー(ダース・モールが所持したものと似ているが彼のセーバーは分離・接合機能がなく一本で片刃・両刃の切り替えが出来る)となる。これは扱いが非常に難しく、ドゥークーがアサージの実力を高く評価していたことを示している。しかしシスは一度に「師匠=弟子」の二人しか存在してはならない掟のため、彼女が本当のシスの修行を受けシス卿と認められることは無かった。『エピソード3/シスの復讐』におけるアナキンの顔の傷は、アサージが最後の戦いで付けたものである。手強い彼女を倒すために憎悪の力の助けを借りたアナキンは、急速にフォースの暗黒面に堕ちていくことになる。『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』でも登場を果たし、劇場版ではクローン大戦の帰趨を担うハットスペースの航行権を狙った陰謀達成のためにアナキンやアソーカの前に立ちふさがる、トイダリアンの君主であるカトゥーンコを独立星系連合に迎え入れるために交渉にやってきたヨーダを襲撃し独立星系連合の戦闘力の高さを証明したり、ドロイド軍を率いてジェダイと戦っている。『クローン・ウォーズ』のシーズン3では、アサージの急激な成長が自分自身の驚異になると憂慮したダース・シディアスの命令を受けたドゥークーに殺されかける。辛うじて生き残るとドゥークーへの復讐を胸に故郷のダソミアのナイトシスターの氏族に援助を求めることになる。アサージが属する氏族の指導者であるマスター・タルジンは同じ氏族の者を殺そうとしたドゥークーへの復讐を支援するために二人のナイトシスターをアサージに同行させ、アサージとその仲間のナイトシスターは魔法というフォース能力の産物による布で姿を隠してライトセーバーでジェダイの仕業に見せかけながらドゥークーを襲撃するもののドゥークーの力の前では意味がなく追いつめるものの逃走することになってしまう。この際敵を視認できなかったドゥークーがジェダイの犯行と考えたために協力関係にあったナイトシスターのマスター・タルジンに新しい弟子の補充を要請するが、ヴェントレスの氏族の長であったためにこれを利用しての復讐をもくろむことになる。アサージは、自分自身で選び抜いたナイトブラザーというザブラクの一派でダース・モールの弟サヴァージ・オプレスを選びマスター・タルジンの魔法によって肉体や精神を強化し洗脳を施したうえでドゥークーの元へと送り込み時期が来たら彼とともにドゥークーを襲撃するつもりだったのだ。だが、この目論見は洗脳に対してサヴァージ・オプレスがヴェントレスに見限られたことが元でドゥークーとヴェントレスの二人を殺そうとしたために失敗し、二人は逃走することになる。その後は賞金稼ぎに身をやつし、ボバ・フェットのチームに参加して戦ったり、サヴァージ・オプレスに掛けられた賞金を狙ってオビ=ワン・ケノービとも共闘した。
rdfs:label
  • アサージ・ヴェントレス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of