Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アクション映画は、観客が映画を見る立場から作品の主体をアクションとしてとらえた映画を指す。映画の主題は主人公が社会枠を貫通して目標に向かって行動する貫通行動にある。ぴあより出版されている『アクション・ムービー究極大鑑』はアクション映画の定義が難しいとしているが、観客により決める立場に沿っている。フランスの哲学者ジル・ドゥルーズは『シネマ1 運動イメージ』で映画の中のアクションの役割と効果について明確な定義をしているし、映画評論家の田山力哉は『映画小辞典』で各ジャンルにアクションは存在するとした見解を示している。田山はまたアクション映画は映画を製作した国ごとの特色があるとしている。西洋であれば西部劇、日本であれば時代劇を量産した歴史がある。製作本数、配給規模、予算等からアクション映画の製作はアメリカが飛び抜けた存在だが、同国の映像産業における顕彰ではゴールデン・グローブ賞、エミー賞はコメディ部門は創設されているがアクション部門はない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59216953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アクション映画は、観客が映画を見る立場から作品の主体をアクションとしてとらえた映画を指す。映画の主題は主人公が社会枠を貫通して目標に向かって行動する貫通行動にある。ぴあより出版されている『アクション・ムービー究極大鑑』はアクション映画の定義が難しいとしているが、観客により決める立場に沿っている。フランスの哲学者ジル・ドゥルーズは『シネマ1 運動イメージ』で映画の中のアクションの役割と効果について明確な定義をしているし、映画評論家の田山力哉は『映画小辞典』で各ジャンルにアクションは存在するとした見解を示している。田山はまたアクション映画は映画を製作した国ごとの特色があるとしている。西洋であれば西部劇、日本であれば時代劇を量産した歴史がある。製作本数、配給規模、予算等からアクション映画の製作はアメリカが飛び抜けた存在だが、同国の映像産業における顕彰ではゴールデン・グローブ賞、エミー賞はコメディ部門は創設されているがアクション部門はない。
rdfs:label
  • アクション映画
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:ジャンル of
is foaf:primaryTopic of