Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アキレス腱(アキレスけん、英語 Achilles' tendon、ラテン語 tendo Achillis)は、踵骨腱(しょうこつけん)とも言い、足にあるふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋をかかとの骨にある踵骨隆起に付着させる腱である。人体で最も強く最大の腱で、歩行や跳躍などの運動の際に必要である。後述の由来から、比喩的に「強者が持つ急所」を指す言葉として用いられることも多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 261764 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53020102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アキレス腱(アキレスけん、英語 Achilles' tendon、ラテン語 tendo Achillis)は、踵骨腱(しょうこつけん)とも言い、足にあるふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋をかかとの骨にある踵骨隆起に付着させる腱である。人体で最も強く最大の腱で、歩行や跳躍などの運動の際に必要である。後述の由来から、比喩的に「強者が持つ急所」を指す言葉として用いられることも多い。
rdfs:label
  • アキレス腱
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of