Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『アガメムノーン』(希: Ἀγαμέμνων, Agamemnōn、羅: Agamemnon)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇の1つであり、「オレステイア」三部作の中の一篇。文字通り、トロイア戦争におけるギリシア側の総大将であるミュケーナイのアガメムノーンを題材とした作品であり、彼の帰還から死の直前までを、殺害者である妻クリュタイムネーストラー等の言動を中心に描く。紀元前458年のアテナイにおけるディオニューソス祭にて、「オレステイア」三部作の他の二篇、およびサテュロス劇『プローテウス』と共に上演された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3150979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1403 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58471612 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『アガメムノーン』(希: Ἀγαμέμνων, Agamemnōn、羅: Agamemnon)は、アイスキュロスによるギリシア悲劇の1つであり、「オレステイア」三部作の中の一篇。文字通り、トロイア戦争におけるギリシア側の総大将であるミュケーナイのアガメムノーンを題材とした作品であり、彼の帰還から死の直前までを、殺害者である妻クリュタイムネーストラー等の言動を中心に描く。紀元前458年のアテナイにおけるディオニューソス祭にて、「オレステイア」三部作の他の二篇、およびサテュロス劇『プローテウス』と共に上演された。
rdfs:label
  • アガメムノーン (アイスキュロス)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of