Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アガシー湖(英: Lake Agassiz)は、かつて北アメリカ大陸北半分の中央にあった、巨大な氷河湖である。最終氷期末に氷が溶けた水が溜められ、現在の五大湖を合わせたよりも広く、また現在世界にある湖水を合わせたよりも多くの水を湛えていたときがあった。1823年にウィリアム・H・キーティングがその存在を主張し、1879年にウォーレン・アパムが、氷河期の発見者として知られるルイ・アガシーに因んで名付けた。このときアパムはこの湖が氷河作用で造られたことを認識した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2943383 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8647 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56287938 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アガシー湖(英: Lake Agassiz)は、かつて北アメリカ大陸北半分の中央にあった、巨大な氷河湖である。最終氷期末に氷が溶けた水が溜められ、現在の五大湖を合わせたよりも広く、また現在世界にある湖水を合わせたよりも多くの水を湛えていたときがあった。1823年にウィリアム・H・キーティングがその存在を主張し、1879年にウォーレン・アパムが、氷河期の発見者として知られるルイ・アガシーに因んで名付けた。このときアパムはこの湖が氷河作用で造られたことを認識した。
rdfs:label
  • アガシー湖
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of