Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本項目は、アカデミー外国語映画賞へ出品された日本の映画作品の一覧である。アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国の映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としている。アカデミー外国語映画賞が設置されたのは1956年のことであるが、1947年から1955年までのあいだAMPASはアメリカ合衆国内で公開された優れた外国語映画に対し、アカデミー名誉賞を贈っていた。その際には他の候補作品と競い、投票されるのではなく、アカデミー理事会により受賞作のみが選出されていた。名誉賞を受賞した日本の映画作品は3本存在する。1956年のアカデミー賞より、正式に外国語映画賞が設置され、以後毎年行われている。2009年までに12本の日本映画がノミネートに至り、『おくりびと』のみが受賞を果たした。複数回ノミネートに至った監督は黒澤明と中村登である。黒澤は『羅生門』で名誉賞を受賞し、『デルス・ウザーラ』(ソ連代表)で外国語映画賞を受賞し、さらに他4作品が代表となり内2本がノミネートに至った。中村は『古都』と『智恵子抄』が代表作となり、その両方がノミネートに至った。日本のノミネート本数は世界5位の記録であり、スウェーデン(14本)より少なく、ソ連(9本)より多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2675260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17146 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 263 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54509061 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本項目は、アカデミー外国語映画賞へ出品された日本の映画作品の一覧である。アカデミー外国語映画賞はアメリカ合衆国の映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催し、アメリカ合衆国以外の国で製作され、主要な会話が英語以外で占められた長編映画を対象としている。アカデミー外国語映画賞が設置されたのは1956年のことであるが、1947年から1955年までのあいだAMPASはアメリカ合衆国内で公開された優れた外国語映画に対し、アカデミー名誉賞を贈っていた。その際には他の候補作品と競い、投票されるのではなく、アカデミー理事会により受賞作のみが選出されていた。名誉賞を受賞した日本の映画作品は3本存在する。1956年のアカデミー賞より、正式に外国語映画賞が設置され、以後毎年行われている。2009年までに12本の日本映画がノミネートに至り、『おくりびと』のみが受賞を果たした。複数回ノミネートに至った監督は黒澤明と中村登である。黒澤は『羅生門』で名誉賞を受賞し、『デルス・ウザーラ』(ソ連代表)で外国語映画賞を受賞し、さらに他4作品が代表となり内2本がノミネートに至った。中村は『古都』と『智恵子抄』が代表作となり、その両方がノミネートに至った。日本のノミネート本数は世界5位の記録であり、スウェーデン(14本)より少なく、ソ連(9本)より多い。
rdfs:label
  • アカデミー外国語映画賞日本代表作品の一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of