Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アウグステ・ヴィクトリア・ヴィルヘルミーネ・アントニエ・マティルデ・ルドヴィカ・ヨゼフィーネ・マリア・エリーザベト・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン(Auguste Viktoria Wilhelmine Antonie Mathilde Ludovika Josephine Maria Elisabeth von Hohenzollern-Sigmaringen, 1890年8月19日 - 1966年8月29日)は、ポルトガル王マヌエル2世の妻。王制廃止後に結婚したため、王妃とは認められなかった。ポルトガル語名ではアウグスタ・ヴィトリア(Augusta Vitoria Guilhelmina Antonia Matilda Luisa Josefina Maria Isabel)と呼ばれた。ペドロ5世妃シュテファニーは大叔母にあたる。ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムと、最初の妃マリーア・テレーザ(両シチリア王フェルディナンド2世の孫)の長女として、ポツダムで生まれた。1913年9月、イギリスに亡命していたマヌエルと結婚。20年あまりの結婚生活で子供はできず、マヌエルは1932年にミドルセックス州で亡くなった。1939年4月、59歳のスウェーデン貴族ロベルト・ドゥグラス伯爵(Robert Graf Douglas)と再婚。この結婚でも子供はなく、1955年に死別。この後、故国ドイツへ帰り、アイゲルティンゲン(Eigeltingen:フライブルク県コンスタンツ郡)で亡くなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 999262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53911734 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アウグステ・ヴィクトリア・ヴィルヘルミーネ・アントニエ・マティルデ・ルドヴィカ・ヨゼフィーネ・マリア・エリーザベト・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン(Auguste Viktoria Wilhelmine Antonie Mathilde Ludovika Josephine Maria Elisabeth von Hohenzollern-Sigmaringen, 1890年8月19日 - 1966年8月29日)は、ポルトガル王マヌエル2世の妻。王制廃止後に結婚したため、王妃とは認められなかった。ポルトガル語名ではアウグスタ・ヴィトリア(Augusta Vitoria Guilhelmina Antonia Matilda Luisa Josefina Maria Isabel)と呼ばれた。ペドロ5世妃シュテファニーは大叔母にあたる。ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムと、最初の妃マリーア・テレーザ(両シチリア王フェルディナンド2世の孫)の長女として、ポツダムで生まれた。1913年9月、イギリスに亡命していたマヌエルと結婚。20年あまりの結婚生活で子供はできず、マヌエルは1932年にミドルセックス州で亡くなった。1939年4月、59歳のスウェーデン貴族ロベルト・ドゥグラス伯爵(Robert Graf Douglas)と再婚。この結婚でも子供はなく、1955年に死別。この後、故国ドイツへ帰り、アイゲルティンゲン(Eigeltingen:フライブルク県コンスタンツ郡)で亡くなった。
rdfs:label
  • アウグステ・ヴィクトリア・フォン・ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of