Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)は、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者、ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。古代キリスト教世界のラテン語圏において最大の影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 30265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59219567 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名前
  • Aurelius Augustinus
  • アウレリウス・アウグスティヌス
prop-ja:崇敬する教派
prop-ja:死去地
prop-ja:死去日
  • --08-28
prop-ja:生誕地
prop-ja:生誕日
  • --11-13
prop-ja:画像
  • Saint Augustine by Philippe de Champaigne.jpg
prop-ja:画像コメント
prop-ja:画像サイズ
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:肩書き
prop-ja:記念日
  • --06-15
  • --08-28
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)は、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者、ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。古代キリスト教世界のラテン語圏において最大の影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。
rdfs:label
  • アウグスティヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:patrono of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is foaf:primaryTopic of